男性器の包茎に関して 今高校三年生で、いわゆる仮性包茎であったので

男性器の包茎に関して 今高校三年生で、いわゆる仮性包茎であったので常に剥けているようにしたく、昨夜剥いた状態で寝たところ皮が浮き輪のようになっていました。
調べたところカントン包茎というものの前兆ということを知りました。
これは皮の出口が狭くて腫れてしまっている、と聞いたのですが、自分は包茎期間が長く縦に皮が余っているような気がするのです。(今までこの浮き輪のようなものは余った皮が行き場をなくしたものだと思っていました。)これもカントン包茎の要因の一つなのでしょうか?
皮は戻せたのでとりあえず今は平気なのですが、今後常に皮をむけている状態にしたいのですが、手術をするしかないのでしょうか?今自分に出来ることはないですか?



自力で仮性包茎を治した者です。
私もそんなことがありましたが、おそらく長時間剥きすぎだと思います。
素人考えで包茎を治そうとすると、思わぬ事故につながりますので、無理はしないほうが良いと思います。
自分の場合は勃起すると亀頭が少ししか出ない状態で、普段は完全な皮被りでした。
いろんな器具を使って、なんとか手を使えば剥ける状態にまでなりましたが、そこからは進化しませんでした。
包茎手術も考えましたが、勇気がなくそのままにしておきましたが、この知恵袋で質問してみたところ、自力で矯正できる方法があるとの回答をもらいました。
ダメモトでそれを試したところ、ずんずんとチンコが太く長くなっていきました。
3ヶ月くらい続けて今の状態になりましたが、本当に満足しています。
誰でも効果があるかどうかわかりませんが、少なくとも私にはビンゴでした。
今の状態は普段でも完全に剥けていて、サイズも惚れ惚れするほど大きくなっています。
専門家のサポートもありますので、安心でした。
◆包皮輪狭窄という状態だと思います。
めくった状態で締めつけが起こり、
嵌頓包茎の状態になるわけですね。
包皮の長さは無関係です。
包皮口が狭いことが原因なので、
口を横に引っ張って伸ばしてクセをつけ、
広げるトレーニングをしてみましょう。
包皮を手でスムーズにめくったり戻したりできて、
締めつけられることがなく、清潔にしていれば、
普段は包皮を被っていても問題ありません。
仮性包茎という呼び方に問題があるだけで、
必ずしも、めくれたままになることが
正しいわけではありません。
◆まずはこちらでどうこう考えるより、とりあえず泌尿器科に掛かってみて正確な診断を得て下さい。