子宮に届くかどうか心配なほどの短小です。 もちろん包茎ですが、なん

子宮に届くかどうか心配なほどの短小です。
もちろん包茎ですが、なんとか剥けるので仮性包茎だと思います。
お風呂や公衆トイレで恥ずかしくて隠してしまうほど惨めなペニスなんです。 もう20歳なので、これ以上の変化はないでしょうね。
この悩み、どうしたら解消できますか?



年齢から考えると、自然成長はほとんど期待できないと思います。
真性包茎(亀頭が全く露出しない)・仮性包茎(包皮輪狭窄タイプも含む)・短小は自宅でのストレッチ&ケアで平常時でも亀頭が露出した露茎に矯正できます。
危険が伴う包茎手術、また包皮をユルユルにするだけの矯正器具など一切不要です。もちろんサプリも服用しません。
泌尿器科医が監修し、専門家によって作成された包茎短小自己矯正公式プログラムがWEB上で公開されており、高い評価を得ています。
週に3~4日、3カ月~4ヶ月の自宅ストレッチ&ケアで誰もが理想のペニスに矯正することができます。
2012年に公開して現在までに4000人以上の悩める男性を救ってきた実績があります。
包茎特有のあのニオイ、恥垢、早漏、亀頭包皮炎から完全に決別です。
何よりも堂々と銭湯や温泉、風俗店に行けますね!優越感に浸れます。
このプログラムの主目的は「ペニスを長く・太くすること」です。
その前にスムーズに亀頭を露出できるよう、ペニスを固く締め付けている包皮を形成しているコレス筋膜という筋組織の弛緩ストレッチから始めます。(コレス筋膜リリース)
真性包茎、包皮輪狭窄性仮性包茎(重め)の人は、まずこの弛緩ストレッチに集中します。プログラム通りのペースを守って、オーバーワークをしないよう注意が必要です。
1ヶ月~2ヶ月で手を使って亀頭を全露出できるようになります。その後、増大プログラムのプロセスに入ります。
仮性包茎の人は包皮弛緩プログラムとペニス増大、亀頭増大プログラムを並行して行います。
増大プログラムは包皮によって成長を阻害されてきたペニスを本来の姿に戻すだけです。(主に靭帯弛緩ストレッチ)
このプログラムによって誰でも3cm~5cm長くなり、外周も2cm~4cm大きくなります。
ドイツ医学誌において「ペニスは露茎が望ましい」という論文の一節があります。割礼や手術を勧めるものではなく、幼児期に親から包皮を剥く癖をつけられた子は99%思春期には露茎になるということです。
また成人になっても正しいトレーニングなどで露茎にする努力をすべきであるとされています。
確かに包茎はデメリットこそあれ、メリットはありません。
包茎が気になるのなら、コンプレックスであるのなら是非安全かつ確実なストレッチ&ケアで包茎を矯正して、これからの人生を変えましょう!
◆どれくらいの大きさ?
◆20歳だと二次性徴は完全に終わっている時期ですので、あとは、長茎手術しかないと思います。保険適用は当然ないので、約10万円以上はかかってしまいます。
子宮まで届くくらいの長さは約15センチくらいないと届きません。
自分で毎日オナニーを頻繁にやって、あそこを長く出来ればいいですが。
なるべくあそこをいじってシゴクしかないと思いますが、それでも長くはなかなか出来ませんね。
別に子宮まで届くほど長くなくてもいいのではないですか。10センチ以上あればいいと思います。
(臨床研修医)
◆具体的になんセンチですか?