誰か教えて! 自分のペニスはずっと包茎で勃った状態でも完全には剥け

誰か教えて! 自分のペニスはずっと包茎で勃った状態でも完全には剥けなく、またサイズも小さく気にしていて、その原因などを調べたら皮オナというのがよくなかったみたいです。僕はその皮オナというのが当たり前だと思い今日までやってきていました。正しいオナニーのやり方と、包茎の治し方を教えて下さい!



皮オナニーをしたからといって、包茎がひどくなるということはありません。
包茎の人が亀頭を直接刺激すると、刺激痛もありますし、傷つけることもありますので、無理はしないようにしましょう。
包茎・短小・早漏は、安全かつ確実な方法でご自身で完全矯正(通常時露茎)できます。
2016年に国民生活センターの注意勧告が発令されて以来、包茎手術は下火になり、今はストレッチによる包茎矯正が主流になりつつあります。
その中でも実績があり、各方面からの評価の高い草分け的な包茎矯正法が以下です。
・真性包茎
・包皮癒着型包茎
・包皮輪狭窄性仮性包茎
・仮性包茎
・短小
・早漏
いずれもこのプログラムで矯正し、露茎にすることが可能で、90%以上の人が満足したと答えています。
泌尿器科医が監修した独自のストレッチ法で完全にひとりで出来る方法です。
短小(ペニスが短い・細い)の悩みもこのプログラムで完全解決します。
プログラムのメインは「ペニスを長く太くする」ことです。
いくら器具を使って包皮を緩めても、いたずらに包皮がダブつくだけで、本当の露茎にはなりません。
矯正期間は3ヶ月~4ヶ月 週に3~4日、1回20分程度のトレーニングです。
自ら包茎を矯正した専門家が24時間サポートしてくれます。
主な特徴は、
①痛みがない
②仕上がりが自然である
③後遺症などなく、元に戻ることもない
④矯正期間中、オナニー・セックスは自由にできる
⑤24時間の専門家によるサポート
⑥元の包茎短小状態に戻ることはない
⑦早漏が改善される
もちろん、包茎矯正器具、サプリの類は一切使用しません。
言うまでもなく、包茎・増大手術を薦めることは絶対にありません。
包茎から露茎になることで世界が変わります。決して大げさな話ではありません。
是非その優越感を味わってほしいですね!
刺激痛(亀頭表面に触れると感じる痛み)は包茎特有の痛みです。これは常時露茎状態にならない限り無くなることはありません。このプログラムによって、徐々に露茎にすることで痛みを感じることなく矯正できます。
包皮と亀頭が癒着している場合は、入浴時に弱めのステロイド軟膏を癒着部分に塗り、シールをはがすようにしましょう。ただし、10日で1ミリくらいのつもりで非常にゆっくりじっくり取り組むことが重要です。
※プログラムに具体的な解消法が添付されています。
◆オナニーのやり過ぎには注意です
自分には思い当たるふしがいっぱいあったので、当てはまっていれば改善してみてはどうでしょう。
包茎もよくなるかもしれません。
◆多くの男性は、小~中学生の頃にオナニーを覚えますが、その多くはまだまだ成長途上のペニスであり、真正~仮性包茎の状態でオナニーを経験しますので、みんな「いわゆる皮オナニー」からスタートします。
僕自身も小学5年生でオナニーをし始めた頃は当然皮をかぶせたままでのオナニーでしたし、20代になってもマダマダ皮をかぶせたままのオナニーでしたよ。
ただ、本物のセックスでは勃起時に包皮を全てめくって亀頭部分を完全に露出させる必要があります。
(皮をかぶせたまま女性の膣にペニスを挿入したところで、射精に到達するまでの快感が得られません)
ですが、包皮がめくれるようになって間もない時期は、ほとんどの男性は亀頭部分の皮膚が敏感すぎることにより、気持ちが良いどころか、痛いぐらいなのが普通です。
ただ、本物のセックス、とくに結婚前に経験するセックスでは、100%コンドームによる避妊をすることでしょうから、敏感すぎる亀頭部分を守ってくれますので、そこは安心なのです。
ということで、将来経験する本物のセックスに向けて、コンドームを着用するというトレーニングが絶対必要となってきますが、これがタダのトレーニングでは無く、包皮をめくった状態でのオナニーを可能にする、最良の「皮オナニー卒業プログラム」ともなり得るのです。
1日や2日で簡単に皮オナニーを卒業することはできませんが、今の段階から少しずつ無理のない範囲で、皮を捲った状態での勃起~オナニーができるように、楽しみながらトレーンんグしてくださいね。
皮オナニーですと、どうしても強くペニスを握り、ものすごい高速でしごいてあげないと、射精にまで到達させることが出来ませんので、こういった習慣が「膣内射精障害」を引き起こしてしまう原因にもなっています。
正直なところ、僕自身も皮オナニー経験しか知らなかったせいで、セックス経験後から暫くは膣内射精障害ぎみで、ものすごい高速で腰を振らないとイけない状態でしたので、おそらく処女の女の子が相手の時は、痛い思いをさせたかもしれません。
また、なかなかイかないからと言って、コンドームを外し、生挿入~膣外射精ならイける!ということで、女の子にも不安な思いを強いてきたことを反省しています。
いつまでもそんなわけにはいかないので、僕自身もコンドームを使ったオナニーで、初めて皮を捲った状態でもイけるようになりましたし、セックスの際の遅漏気味も改善されました。