SEXについてです。 普段10kmくらい走ってます。 そのくらいの体力

SEXについてです。
普段10kmくらい走ってます。
そのくらいの体力はあります。 しかしHする時、腰を振るのですが、
30秒ももたないうちに息が切れてしまい、
体力と言うか、身体の疲れ?腰の疲れで、
ちんこが縮んてしまいます。
解決策ってありますか?
一回の腰ふりをゆっくりにしてもダメです。
かなり遅くしゆっくり過ぎて、女も満足しません。
激しい=良いというは違うと分かっていますが、
ちんこがすぐに縮こまってしまいます。
そのせいか、彼女とは別れてしまいました。
昔からこの現象はあったので悩んでます。
ただでさえもう30超えたおっさんで彼女ができにくいのに、
(友達もいないし環境も年収もだめな男です)
困り果ててます。
ネットでSEXのコツを調べても書いてある事は同じ。
1回の腰ふり(押して引く動作)で何秒くらいですか?



30代で運動もろくにしていません。相手をペニスで逝かせた事もありません。いわゆる粗珍とテク無しだからです。
1回の腰ふり(押して引く動作)で何秒くらいですか?
→ 開始早々は2、3分程度挿入しっぱなしから始まり暖機運転は1回〜2回/秒です。長く続けたいならこれ以上早くすると体力が持ちませんし射精感が我慢できませんw。そして腰をまわしたり、こすりつけを意識するような腰使いをすると1回/秒がやっとですw。フィニッシュにかけては勝手に早くなってしまいます。3回/秒は頑張っても3〜5分しか体力が持ちません。1回〜2回/秒なら最長で1時間程度できます。
私は大学生のころから中折れで悩んでいました。
それを救ったのはペニスリングです。
包茎矯正用ですがドクターフィモシスという商品が、ちょうど良く勃起維持してくれます。根元にしめて奥だけです。もしくは道鏡3点セット(絶倫リング)ですかね。とにかく厚みがあるタイプじゃないと痛みがでます。
それで駄目ならあとはシアリスとかそういった類いですね。オオサカ堂っていうところでジェネリックも安くうってます。だいたい4錠で1300円。先発薬に比べると、効果はやや弱めですが、十分です。バイアグラ系(空腹時じゃないとだめ)、レビトラ系(食事にきをつかわなくていい)などもありますので頭痛や鼻づまりの症状が辛ければ他の薬ためして下さい。
もしあなたの快感が薄いなら、ピルを飲んでもらって、生でするのが一番です。月経が辛いというだけで病院で薬がもらえますし、検査もしてくれるのでいいですよ。たしかオオサカ堂でも売るだけうってます。うすいゴムでも十分ですけども。。。
私は、生+リングで勃起維持できています。ゴム付きでも最近の0.02とかなら十分生感ありますしね。
あ、あと、やりやすい体位というか姿勢があります。
それはですね、相手がM字開脚で自分が正座もしくは膝立ちで身体を起こした状態で行う座位をそのままベッドの恥で行うやり方です。ベッドの端に片足だけ下ろし、もう一方の足はベッド上で折り曲げて楽にしといて、自分の身体を起こしてやる体位(変則的な座位?)です。相手はM字開脚で正常位とかわりありませんがベッドの端にそって横になってもらいます。なので相手の片足はベッドから落っこちちゃいますので腕にのせるか自分の腰の後ろに着地させてください。自分は足の助けもあるのでベッドに腰を下ろして腰を振るだけです。腰をどっしり下ろして座った状態でふるととても楽ですが、角度の調整が出来ないので、相手の腰の下に枕をいれてすると、相手も気持ちいいしこっちも楽です。もちろん自分の腰を上げて、覆い被さっても片足が床についているのでとても楽です。自分の会陰や陰嚢、肛門がベッドに擦れる感触が有るので違和感が有るかもしれませんが、そんな事より勃起維持に集中する事で忘れられますw。
もう一つ、さっきはベッドの端に沿って寝てもらいましたが、今度は端に向かってねてもらい、M字開脚した相手の陰部をベッドの端まで持ってきて、このとき相手の両足はベッドから出ちゃうので腕で支える必要あがありますが、その状態で、自分はベッドのそばに立って腰を振ると、体重をうまく使えるので楽です。足を支えている腕はベッドの上に立ててした方が当然楽です。この体位は相手の腰に枕は入れても入れなくてもお好きなように。ベッドの低さに寄っては女性がまんぐりがえしにした方がやりやすいかもしれません。あとベッド下の空間があるとつま先が入り、もっとやりやすいとおもいます。ベッド下に空間がないとそれだけ女性から遠くなるので工夫が要るかもしれません。
まとめると
1.上の二つの楽な体位を試す。
2.ペニスリング、コックタイ試す。どんな体位でも対応できるからおすすめ!
3.ED薬試す。2日間もつシアリス系がいい。
◆女性の呼吸に合わせて突くと感じます。
息を吐くときに突く
息を吸うときに引く
手マンも同じです。