包茎のことについて。 ペニスが普通状態の時は皮を剥がすことができる

包茎のことについて。 ペニスが普通状態の時は皮を剥がすことができるのですが、剥がしたまま勃起すると締め付けられるような痛みを感じてしまいます
これはカントン包茎なのでしょうか?また、手術は必要ですか?教えてください。



男性にとってペニスは大事な部分ですから悩むお気持は良く分かります
勃起時に包皮を剥き、亀頭を露出させようとすると、なかなか皮が剥けず無理に皮を亀頭の付け根部分まで剥くとペニスに締め付け感を感じるなら
【包皮輪狭窄型仮性包茎】と言う種類に該当してきます
【包皮輪狭窄】とは
包皮の一部が亀頭に癒着している事や、亀頭先端を覆う包皮が狭い為に亀頭を通過させられない事が原因でおこります
生まれた時は誰もが包皮は癒着している状態です
癒着は成長とともに徐々に剝がれていき、小学校入学頃には癒着は剝がれ、自分の手で包皮を剥けるようになると言われています
しかし、中学校を卒業し、高校に入学しても癒着が剝がれず、自分で包皮を剥くことが出来ない場合、自然と癒着が剝がれる期待は薄いと言っていいでしょう
包皮が亀頭を覆っているが、自分の手で包皮を剥くことが出来る包茎を仮性包茎といい、日本人男性の約70%がそうだと言われます
一方、自分で剥くことが出来ない包茎を真性包茎と言います
真性包茎には2種類あり、包皮が亀頭に癒着していて剥くことが出来ないものと、もう一つが包皮は癒着していないが包皮の出口が狭く、亀頭を露出することが出来ないものがありますこれをカントン(嵌頓)包茎と言います
真性包茎を改善するには2つの方法があります
それは、「自分で頑張って剥く」方法と「手術を受ける」方法です
手術は確実ですぐに改善することができますが、包皮を切るのはちょっと怖いし費用もかかるし・・・という方は、まずは自分で少しずつ剥いてみることをお勧めします
やり方はいたって簡単です
包皮をペニスの根本に向けて少しずつ剥いていく、これだけで時間にして1回3分程度で十分です
決して一度にたくさん剥こうとはせず、1ヶ月で5mm程度ずつ剥いていくことを目標に、根気良く毎日少しずつ剥いていきましょう
注意点としては、癒着が剝がれたとしても包皮輪(亀頭の出口の輪)が狭いと剥くことが出来ないという点です
また、包皮輪が狭い状態で無理に剥いてしまうと元に戻らなくなり、ペニスが締め付けられて鬱血し、最悪の場合ペニスが壊死することもあります
狭いと感じたら絶対に無理に剥いてはいけません!
◆やはり25cm位あるとそれだけで人生乗り越えて行ける!完全に勃起したときの円柱の直径が太い!皮が狭い!多少切り裂けば全然問題ない病院だとムチャクチャに皮を取りすぎたり鬼頭が変形したり大変です。ムケチン状態で紙鑢オナニーを繰り返して皮が擦り切れて軟膏を塗る紙鑢オナニーをまた行って擦り切れて軟膏を塗るの繰り返しで完治!!
◆カントン包茎ではなく、包皮輪狭窄を伴った仮性包茎です。
手術は不要です。保険適用外ですしリスクの方がはるかに高いので・・。
包茎専門の医師がその効果を認め監修した包茎矯正プログラムがあります。
ペニスを太く長くすることで包茎を矯正していく、今までにない画期的なプログラム内容となっています。
(プライバシーが保護された安全なサイトです)
真性包茎・仮性包茎・包皮輪狭窄型包茎・包皮癒着型包茎・カントン包茎のすべてに対応しています。
器具やサプリは一切使わない方法です。
ペニスに特殊な刺激を与えて、締め付けの強い包皮に柔軟性を持たせ、ペニス本体を長く太くします。
必要なのは、ご自身の手と自室やトイレなどの個室のみです。
矯正に要する期間は3~4か月、ペースは週に3~4日、一回につき20分程度です。
タイプ別になっていますので、どのようなタイプの包茎でもすぐに始められます。
短小や早漏の悩みもこのプログラムで解消できます。
事前のメール相談可能です。
テレビや雑誌等、マスコミにも取り上げられ、今、男性の悩み部門で最も注目されているプログラムです。
◆包皮口が狭くて、めくりづらいとかめくると締めつけられる場合、
包皮輪狭窄という状態だと思います。今の段階では、めくったままに
したり、勃起時に無理にめくるのは避けましょう。締めつけられて
戻せなくなり、腫れたり鬱血したりして、本当の意味での嵌頓包茎に
なる恐れがあり、危険です。
包皮口を広げるトレーニングをして、勃起時もスムーズにめくったり
戻したりできるようになれば、手術も含め治療は必要ありません。
どうしても自力で改善できない場合には、医師に相談しましょう。
それでも、手術は最終手段で、嵌頓包茎のように急を要する場合
でもなければ、即手術とは限りません。
◆毎日剥いていくといいよ
◆ちんこ見して!