オーガズム(オルガスムス)について。 私は20代男性です。 オーガズ

オーガズム(オルガスムス)について。
私は20代男性です。
オーガズムについて色々とお聞きしたいと思い、質問致しました。
たくさんの方々からのご回答をお待ちしています。
①私は一 般的な男性のオーガズム「吐精」しか体験したことがありません。
これは、体の反射で起きるオーガズムだと思います。
私はドライオーガズムを経験したのですが、これも体の反射で起きるのでしょうか?
それともエクスタシーと呼ばれる精神的なものなのでしょうか?
②女性のオーガズムは、生殖器が体内にあるため、オーガズムを感じたときに、子宮や背中にオーガズムを感じるのですか?
③女性のイクにも、肉体的な反射運動「オーガズム」と精神的な快感「エクスタシー」とがあるのでしょうか?
④ドライオーガズムが肉体的なものである場合、第一チャクラ(ルートチャクラ)にエネルギーが溜まることにより、女性のオーガズムのように大きな反射運動が起きるのでしょうか?
⑤ドライオーガズムを感じたいのですが、何をすればよろしいでしょうか?
出来れば器具を使わない方法で知りたいです。
回答いただければ幸いです。



私の分かる範囲で参考までに。感じ方は人それぞれですので。
①ドライオーガズムは体の反射で起きるのでしょうか?
それともエクスタシーと呼ばれる精神的なものなのでしょうか?
性器の刺激で、腰を中心に全身に緊張が高まっていき、その緊張が最大に達した時にオーガズムを感じます。射精は、ペニス局所で同じことが起こります。その点では似ています。全身が収縮すると、意識が遠ざかります。この例はあくびです。大きく伸びをする際に、意識がふわっと遠ざかるのが分かるでしょうか。筋緊張が高まると、知覚刺激がブロックされるメカニズムがあるのかもしれません。肉体的な反応に、意識体験が付随するのだと思います。
②女性のオーガズムは、生殖器が体内にあるため、オーガズムを感じたときに、子宮や背中にオーガズムを感じるのですか?
収縮するのは、全身の筋肉だと思います(随意筋を中心に、一部の不随意筋も含めて)。子宮が収縮すると、女性はお腹が痛いようです。中イキは、子宮の収縮を起こさずに、腰や下腿を中心とした筋緊張を引き起こすことで誘発できます。生殖器の位置は関係ないと思います。
③女性のイクにも、肉体的な反射運動「オーガズム」と精神的な快感「エクスタシー」とがあるのでしょうか?
オーガズムに伴う意識体験としてのエクスタシーと、喜びの感情によるエクスタシーは区別する必要があります。女性は、「男に女として求められたい」という欲求を強く持っているので、それが満たされた満足感を感じます。一方で、全身の収縮は、幸福ホルモンオキシトシンの分泌を伴うので、一般論ですが、オーガズムには至福感が伴います。射精ではプロラクチンの分泌を伴うため賢者タイムが起こりますが、オーガズムでは起こりません。
④ドライオーガズムが肉体的なものである場合、第一チャクラ(ルートチャクラ)にエネルギーが溜まることにより、女性のオーガズムのように大きな反射運動が起きるのでしょうか?
チャクラの話はわからないので、別の回答者に個別にご相談されるのが良いと思います。
⑤ドライオーガズムを感じたいのですが、何をすればよろしいでしょうか?
出来れば器具を使わない方法で知りたいです。
私の場合、会陰部や亀頭部でイケますが、少数派のようです。射精と違う筋緊張を引き起こすのですが、慣れないと難しいでしょう。乳首が感じるのは必須です。乳首を触った時に、反射的に収縮して気持ち良い筋肉が骨盤にあります。性器の刺激によって、その筋肉の緊張を高めていきます。その緊張が最高に達した時に、オーガズムが起こります。刺激によって、周りの筋肉の緊張も高まっていくので、全身の収縮に応じて、全身の痙攣が続きます(射精のあと、ペニスがびくびく動くのが、全身レベルで起こるだけ)。
自分である程度出来るようになった後は、セックスで行うと良いです。自分でやると限界がありますが、面白いことにパートナーとやると快感が何倍にも高まります。アナルでしたら、風俗に行かれる方が早いかもしれません。
◆ありがとうございます。
とても参考になります。
ひとつ質問です。
⑤の乳首はあいにく感じません。やってみましたが痛いです。
しかし、昔から足の裏が好きです。ソロバンで足の裏でギコギコすると亀頭を刺激したようなキュンとした感じがします。
それでも代用できるそうでしょうか?
◆ドライオーガズムとは持続した強い性的快感により全身が極度の性的緊張状態となり、精神が肉体から離脱したときにその過程として訪れる射精を伴わないオーガズムです。
持続した性的快感はセックスの数倍の快感ですが、ドライオーガズムでは射精の数十倍の性的快感をかんじます。
さらに射精するウェットオーガズムではその快感は一瞬ですぎさりますが、ドライオーガズムではその快感は数十秒からときに数分続きます。
さらにドライオーガズムを迎えると性欲はいっそう高まり性的快感も倍増し、何度もドライオーガズムを繰り返します。
ドライオーガズムとは元々はタントラ密教の性の技法、チャクラオナニーによって得られる性的快感です。
タントラ密教ではセックス、オナニーの究極の目的はオーガズムではなくオーガズム前の持続した性的快感と捉えます。
人間のエネルギーの根源はクンダリニー(性欲)でクンダリニーはシャクティ(性力=性的快感)により増幅され精神と融合し、己の精力へと昇華されると考えます。
その為に行うのがチャクラオナニーで、その過程で飽和した性的快感がドライオーガズムとしてかいほうされるのです。
チャクラオナニーについては概要だけを書きますが、人間には7つのチャクラがありそれぞれがエネルギーを解放します。
この中でクンダリニーを解放するのが第1のチャクラであるムーラダーラ(会陰)です。
人は性的想像をするとこのムーラダーラからクンダリニーが解放されます。
次にこのクンダリニーを増幅させるシャクティを解放するのが第2のチャクラのスワーディシュターナ(陰部)です。
これは男性ならペニスの両側面、女性ならヴァギナの天井にあります。
チャクラオナニーでは性的瞑想でクンダリニーを解放しながらこのスワーディシュターナを刺激するオナニーを行うことでシャクティを解放して性的快感を増幅させます。
するとやがて頭の中が性的妄想で満たされ全身が強い性的快感に包まれます。
そして時間と空間がなくなり精神が離脱していきます。
やがて性的快感が飽和したときその性的快感がドライオーガズムとして解放されます。
しかしドライオーガズムは新たなクンダリニーを解放しシャクティによって昇華していきます。
そしてチャクラオナニーの続くあいだ何度もドライオーガズムが訪れます。
私の場合は約2時間のチャクラオナニーで20~30回ドライオーガズムに達しますが、ドライオーガズム1回ごとにその性的快感もオーガズムの持続時間も増していき、最後にはオーガズムから覚めないうちにオーガズムの中でオーガズムが訪れます。
これがドライオーガズムです。