家庭菜園での大玉西瓜の栽培についてのお尋ね 大玉西瓜の受粉が成功し

家庭菜園での大玉西瓜の栽培についてのお尋ね
大玉西瓜の受粉が成功して西瓜の赤ちゃんが2センチ5ミリ位になったところで、 それ以上成長せず、日にちが経つと西瓜の赤ちゃんが黒くなってぽろっと取れて
それでおしまいというのが3回連続ですが、これはどういうことなんでしょうか?
何に問題があるのでしょうか、全く分からないのです。
他はソフトボール位のサイズに育ったのが2個発育中です。



小さい儘で落ちるのは受粉が完全にされて居ないからです。
ですから最初の10節目位に咲いた雌花にも受粉をさせて
その後15~23、4節に咲いた花全てに受粉をさせて前の
10節目位に着果した実はテニスボール位に成ったら摘果します。
後の花全てに受粉させてその中の形の良い物を残しますが見方としては
果実の形が少し縦長のラクビ―ボールの様な形の物が将来良い物と成る
確率が高いのです
何故最初に成った実を摘むかと言いますと全部とは申しませんが
多くの物は生育に問題が有ったり良い物には成らない確率が高く
その後他の実の生育に影響を齎す事が有るからです。
(ナス等の1番果を早目に取るのと同じ事です)
最初の花を着果させる事で草体内のホルモン形成等を高くして成り癖を
付ける為の囮の様な事です。
(生育等に必要な草体ホルモンのオーキシン等が生成増加する)
◆大きさが5mmくらいで黒くなったのは、受粉がうまくいっていなくて、落ちたと思います。