生物基礎 血糖値の調節 人の血糖値の変化を調べてみた。ホルモンAは食

生物基礎
血糖値の調節
人の血糖値の変化を調べてみた。ホルモンAは食事開始後血中濃度が増加する。ホルモンBは食事開始後血中濃度が減少する。 ホルモンA,Bの名称とそれぞれを分泌する内分泌戦の名称をこたえよ。ただし、ホルモンBはAとは別の器官から分泌され、自律神経によって分泌が促される。
解答は、
ホルモンAはインスリンで膵臓ランゲルハンス島B細胞、ホルモンBはアドレナリンで副腎髄質
でした。
ここで質問があります。ホルモンAは分かったのですが、ホルモンBは、他に血糖値が増加する脳下垂体前葉の成長ホルモンや、副腎皮質の糖質コルチコイドはだめなのですか?グルカゴンは同じ器官から分泌されているので違うと分かったのですが。
よろしくお願いします。



1) 間脳視床下部から放出ホルモンが分泌される → 脳下垂体前葉から成長ホルモンが分泌される
2) 間脳視床下部から放出ホルモンが分泌される → 脳下垂体前葉から副腎皮質刺激ホルモンが分泌される → 副腎皮質刺激ホルモンによって副腎皮質から糖質コルチコイドが分泌される
このように,成長ホルモンや,糖質コルチコイドは,【自律神経によって分泌が促される】のではなく,ホルモンによる調節ですから,答えとしてはふさわしくない,ということになります.