魔剤(モンスターエナジー)を毎日1本以上飲んでいる知人が 「1日に

魔剤(モンスターエナジー)を毎日1本以上飲んでいる知人が
「1日に1本ビール飲んでいるのと大差ないだろ! 」
という理屈で周りの心配を無視しており一向にやめる気配が無いのですが、
この考えは実際のところどうなのでしょうか。より危険性のわかりやすい説明をお願いいたします。



モンスターエナジー355ml缶には142㎎のカフェインが入っています。
カフェインには、覚醒作用、利尿作用、解熱鎮痛作用、強心作用があり、体内に摂取後30分くらいで血中濃度が最大になり、4~5時間で半減期になり効果がなくなってきます。
カフェインの他に糖分とビタミンB群が入ります。これは、カフェインの覚醒作用で脳が目覚めて糖分が脳と体の活動源になって、ビタミンB群が代謝を活発にすると言う相乗効果で眠気を飛ばして体を元気にしてくれます。
モンスターエナジーの他の成分は高麗人参エキス、Lカルニチン、ガラナ種子エキス、クエン酸、Lアルギニン、イノシトールが入っています。
一般に、カフェインは1日に250㎎以上摂ると眠りが浅くなる睡眠障害になる恐れ、1日に250㎎以上摂り続けると慢性カフェイン中毒の恐れがありますから、1日の摂取量はこれ以下に抑えたいですね。
知人がモンスターエナジー355ml缶を1日1本飲むくらいなら、他にカフェインを摂らないなら何の問題もありません。
お酒の適量については、一般にアルコール20gを1単位としていて、1単位は
日本酒なら180ml(1合)=ビールなら500ml=ウイスキーならダブル60mlです。
お酒の適量は1単位~2単位でビールなら500mlを2本までです。
これらのことから、知人の考えは正しいと思われます。
死亡例については、2015年に九州の男性がエナジードリンクの飲み過ぎで死亡しています。厚労省によると国内でのカフェイン中毒の死亡例の第1号だとのことです。
エナジードリンクは飲み過ぎれば、死亡する可能性がありますが1日1本なら問題ありません。
◆飲みすぎて亡くなられた方がおられることが、最も説得力があるように思います。
◆モンスターエナジーより普通のコーヒーの方がカフェインの量が2倍なので別に危なくないです。