ネットで検索したら医薬品個人輸入で、「モルヒネ」がを販売している

ネットで検索したら医薬品個人輸入で、「モルヒネ」がを販売している
サイトがありましたが、違法にならないのですか? 医薬品個人輸入は、個人輸入したお薬を他者にあげたり、転売したりせず、
自己責任であくまでも自分で使う事には違法性がないと思いました。
しかし、「モルヒネ」って、「麻薬」ですよね。
「麻薬取り締まりの免許」がないといくら個人輸入でも問題があるのでは
ないでしょうか?



回答リクエストありがとうございます。
以下厚生労働省の医薬品の個人輸入についての規制です。
2.輸入が規制されている薬物等○ 麻薬及び向精神薬
「麻薬及び向精神薬取締法」の規定により、医療用の麻薬又は向精神薬を、医師から処方された本人が携帯して入国する場合を除いて、一般の個人が輸入することは禁止されており、違反した場合には処罰されます。 (本人が携帯せずに、他の人に持ち込んでもらったり、国際郵便等によって海外から取り寄せることはできません。)
● 医療用麻薬(モルヒネ、フェンタニル等)の携帯輸入:
地方厚生局長の許可が必要です。詳しくは、各地方厚生局麻薬取締部にお問い合わせください。
● 医療用向精神薬(ジアゼパム、トリアゾラム等)の携帯輸入:
事前の許可は特に必要ありませんが、1ヶ月分を超える分量又は注射剤を携帯輸入する場合は、医師からの処方せんの写し等、自己の疾病の治療のため特に必要であることを証明する書類を併せて携行してください。
○ 覚せい剤及び覚せい剤原料
「覚せい剤取締法」の規定により、覚せい剤(メタンフェタミン、アンフェタミン)のほか、覚せい剤原料(一定濃度を超えるエフェドリン等)も、輸入が禁止されており、違反した場合には処罰されます。
○ 大麻
「大麻取締法」の規定により、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)、大麻樹脂等の輸入は禁止されており、違反した場合には処罰されます。
以上より、国際郵便などによる個人輸入は不可ですので違法です。
ですので、代金のみを詐取するかあるいは別の薬品名で郵送してくる可能性もありますが、内容物は偽モルヒネの可能性が高いでしょう。
ちなみにネット入手のED治療薬のうち 約6割(55 4% 102/184)が偽造品であったそうですので、個人輸入の場合偽造品が蔓延しているといってもいいかもしれません。
◆>デパス及びデパスのジェネリックが
販売禁止になりました。なぜでしょうか?
➡『依存性』と『乱用』の恐れがあるとされており、有害な作用を有すると認められた為に、向精神薬指定になったという事です。
デパス(エチゾラム)はベンゾジアゼピン系抗不安薬と呼ばれるお薬の中でも依存性が高く、この依存性の高さからデパス(エチゾラム)を乱用してしまう方が後を絶たない状態となっていることが規制の原因だということです。
◆モルヒネってアヘンですよね?確か医師が処方しないと薬事法の違反になるんじゃないのかなと思います。
◆またもや検索バッチリ!!
この方本当に検索上手(笑)
でも、毎回法律相談カテゴリーで論証しないのは何故??

◆流石にモルヒネは世界各国の麻薬取締法で規制されていますので、個人輸入だろうが何だろうが無理です。送ってきたとしても関税で押収されるはずです。
それはまず詐欺だと思います。