おすすめのチンコ増強剤教えてください 仮性包茎なのは別にいいのです

おすすめのチンコ増強剤教えてください 仮性包茎なのは別にいいのですが
サイズが小さいので大きくしたいです
勃起時13~15cmにしたいです
良いのがあれば教えてください



ペニス増大サプリが数多く出回ってしますが、成分はマカなどで、種別では精力アップの健康食品です。
増大サプリが本当に存在するとしたら、大手の製薬会社が黙視しているはずがありません。
ペニス増大は仮性包茎の矯正につながります。
真性包茎、仮性包茎(包皮輪狭窄性を含む)は正しいストレッチ&ケアによって、年齢に関わらず誰でも露茎(亀頭が常に露出している状態)にすることが可能です。
包茎を治す(直す)・矯正するために手術をすべきではありません。また、包皮を緩めるだけの各種矯正器具は効果が望めません。
2013年に公開され、専門家からも高い評価を得ている矯正プログラムがあり、その実績が大きな信頼の基となっています。
—————————-
Yahoo、Google でキーワード検索
包茎短小自己修正
(※包茎専門クリニックや包茎矯正器具の広告ページでありません)
—————————
包茎を矯正するには堅く締め付けている包皮に柔軟性を持たせることも必要ですが、実は最も重要な要素は
「ペニスを長く、亀頭を太くする」
ということなんです。
包皮がペニスより長いのですから、包皮を切除するか、ペニスを長くするかのどちらかしか方法はありません。
器具を使って包皮を緩めるだけでは片手落ちなのです。
では、具体的にどうやるのか・・・。
包茎の状態によってタイムテーブルは変わりますが、
◎ 堅く締まった包皮を柔軟にする
包皮はコレス筋膜という組織によって、その形を保っています。このコレス筋膜に柔軟性を持たせることで容易に亀頭を露出できるようにします。
このポイントで注意しなければならないのは、包皮を「伸ばして緩める」のではなく「柔軟性を持たせる」ということです。
包皮口をただ単に拡げるだけでは、平常時に締まりのないペニスになってしまいます。
平常時、勃起時ともに形の整った露茎ペニスを理想とするならば、ここは大変重要です。
本プログラムでは独自の方法でこれを実現させています。
◎ ペニス本体を長く、亀頭を太くする
ペニスは海綿体というスポンジのような組織で形成されています。特殊なストレッチが必要ですが、
この海綿体の容量をあげることと、さらにペニス本体と恥骨をつないでいる靭帯を引き延ばすことで、
長さとしては3cm~5cm長くなり、太さも外周で2cm~3cm太くなります。
この方法は元々持っているポテンシャルを引き出す本プログラム独自のストレッチ&ケア法です。
無理に牽引したり圧迫するような方法ではないので、安全かつ確実なのです。
おおまかな説明ですが、泌尿器科医も監修した独自のプログラムで実践者のうち、92%以上の人が包茎短小の悩みを完全解決しています。
器具やサプリは一切使いませんので、多額の出費はありません。
—————————-
Yahoo、Google でキーワード検索
包茎短小自己修正
(※包茎専門クリニックや包茎矯正器具の広告ページでありません)
—————————
気になるあのニオイや独特の刺激痛ともおさらばです。
欧米では過去に割礼をしていた時期もありましたが、現在はほとんど行われていません。包皮切開の危険性が医学会で証明されたからです。
ドイツ医学会誌によると、「ペニスは包茎より露茎が望ましい」とされています。
もちろん手術をすすめる内容ではなく、幼児期より包皮を剥く習慣づけが必要だとし、成人であっても専門家の指導のもとでトレーニングなどによって露茎にすべきである、と明記されています。
衛生面も含めて、セックスがお互いの快楽であり、そこには男性としてのエチケットが存在するということでしょう。
ここから先は参考までにお読みください。
包茎専門クリニックのカウンセリングでは絶対に語られない内容が含まれています。
★包茎手術について
術法① 背面切開術
真性包茎に用いられる術法で、包皮口を縦に切開し、包皮口の張りを緩めて手を使えば亀頭を露出させることができる仮性包茎状態にします。
これは泌尿器科で用いられている方法で、重大な真性包茎の患者に施術します。
術法② 環状切開術
この術法は泌尿器科、包茎専門クリニック共に行っています。
余分な包皮を環状に切除して亀頭を露出させる方法です。包皮内板と外板を縫合しますので、仕上がりがピンクと茶褐色のツートーンになります。
「包茎手術しました」と宣言しているようなものです。
この術法では包皮内板の最も重要な部分を切除するので、快感が中枢神経に十分に伝わらず、セックスやオナニーでの快感が大きく激減します。
また射精タイミングが不安定になり、早漏がさらに加速した例もあります。
泌尿器科で行う場合には事前説明がありますが、包茎専門クリニックは整形ビジネスですので、デメリットの説明はなされません。
術法③ 亀頭直下埋没法
ちょうどカリ首部分で縫合するように包皮を環状に切除する方法です。泌尿器科では行っていない術法です。
カリ首部分での縫合ですので、傷跡が目立たないことが売りですが、環状切開術同様、包皮内板切除による障がいが残ります。
この術法で最も多いのが、切開、縫合ミスです。手術直後ではミスがわかりませんが、傷が回復するにしたがって、変形やヒキツレによる激痛、勃起不全などの症状が出る可能性が高いということです。
執刀医の大多数は保険治療資格を持たない医師なので、技術的にも非常に低いレベルにあります。
術法④ 根元包皮切開術
亀頭直下埋没法で包皮内板を切除すると、術後障がいが残るので、それを回避するために考えられた術法です。ペニス根元部分の包皮を冠状に切除することで包皮長を調整します。
理論的には素晴らしい方法ですが、適合条件が非常に厳しく対象となる人が少ないことと、高度な技術力が求められるため、いままで1例も実施されていません。
クリニックによっては盛んに宣伝していますが、何のかの理由をつけられて、結局亀頭直下埋没法を勧められます。単なる客寄せパンダなのです。
術法⑤ 切らない包茎手術
根元包皮切開術と似ていますが、この方法では包皮を切除しません。根元部分でつまんで根元方法に引っ張って折り畳み縫い付けます。
本当にこれをやったら大変なことになります。折り畳んだ部位が壊死し、ペニス本体の機能に大きく影響します。
この様な出来もしない術法をもっともらしく宣伝する包茎専門クリニックのモラルセンスを疑います。
当然ですが、1例もありません。
★サプリについて
ペニスが大きくなったり、包茎が改善されるサプリは現在この世に存在していません。出回っているサプリの大半はマカなどの精力剤にすぎません。
包茎はデメリットこそあれ、メリットは何一つありません。
悩みを抱えていないで、安全な方法でオトコを磨きましょう!
◆意見が若干重複しますけど、サプリメントは基本は栄養素ですので成長が止まってしまうと効果は出ませんし、素材以上に大きくなることは難しいです。
そういったサプリメントはそれなりのお値段がしますし、変に試すよりもそれくらいなら亀頭増大の手術(
実は自分もやったんですけど、わかりやすく大きくなりましたのでオススメですよ。