皆さんが知っている豆知識とか、ありましたら教えて下さい!!

皆さんが知っている豆知識とか、ありましたら教えて下さい!!



私の手持ちの動物マメ知識、役に立たない編。
「カバは赤い汗をかく」
実際には汗ではありませんが(カバには汗腺がないため)、カバの皮膚は乾燥に弱く、保湿性の赤い分泌液を表皮から分泌します。
「ゾウの足は上げ底」
ゾウの仲間は5本の足をべったりと地面につけている、とよく解説されますが、実際にはかかと付近は分厚い脂肪の層があり、これをクッションにして歩いています。
「哺乳類の首の骨は7個とは限らない」
一般に、哺乳類の首の骨は7個と決まっている、と解説されますが、これは誤りで、たとえばマナティの首の骨は6個だし、ミユビナマケモノの首の骨は8個あります。
「ホッキョクグマの毛は白くない」
ホッキョクグマの毛は、実際には透明な繊維のよりあつまりです。光の反射率が高いため、白く見えています。
「パンダは7本の指を使う」
パンダには6本目の指がある、というのは有名な話ですね。グールドの「パンダの親指」という本にもあるように、種子骨という手首の骨が発達して、まるで第6の指のようになり、これが物をつかむのに適している、と。しかしながら本当は、反対側の副手根骨も同じように発達していて、この2本の骨と5本の指の骨で物をつかみます。
「カンガルーにヘソは無い」
カンガルーに限らず、有袋類は胎盤をつくらないで、胎児は子宮壁から直接栄養をもらうため、へその緒は形成されません。したがって、へそも出来ないのです。
「ヘビのオチンチンは2つ」
ヘビやトカゲのオスの生殖器(ヘミペニス)は、どの種も体軸にそって1対、つまり2個あります。
「ムササビは交尾が終るとメスの膣に蓋をする」
ムササビのオスは交尾した後、受精を確実にするためにワックス状物質でふたをします。次のオスはこれを抜かないと交尾が出来ないので、ムササビのペニスは栓抜きのような特殊な形をしています。
「ヘビは口の中で臭いを感じる」
ヘビの嗅上皮細胞、つまり臭いをかぐ細胞は、口の中にもあります。よくヘビがチロチロと舌を出しているのは、臭いを舌に吸着させて、ヤコブソン器官という口の中の臭いをかぐ器官に持っていくためです。
「カエルは目玉で食べ物を飲み込む」
カエルが獲物を飲み込む時に目をギュッとつぶるのは、目玉を口腔内に押し込んで、口の裏側に張り付いた獲物をのどに押し込むためです。
ちなみにお布団の臭いは、ダニの臭いではなく、汗などが太陽の紫外線によって分解され生成したアルデヒドの臭いです。
人さまの回答にケチをつけるようですが、気になったので。
◆お布団を日干ししたときのにおい、お日さまの香りでもなんでもなく、実は布団にいたダニが死んだにおい!
既知でしたらすいません!