【日記】LGBTはサヨクを支持するしかないのでしょうか? .

【日記】LGBTはサヨクを支持するしかないのでしょうか? .

LGBTはサヨクを支持するしかないのでしょうか? .

LGBTはサヨクを支持するしかないのでしょうか?
s://twittercom/shimagurumi/status/1041548152531120128

サヨク,Leon Petrazycki,LLD 1914,サンクトペテルブルク,テシマシェフ,LGBT,性道徳アンサー

する必要はありませんよ。
★☆★『“性秩序”を破壊、結婚制度を廃止して、家族を解体させる“LGBT優遇運動”』★☆★
“ジェンダーフリー運動”とは、「男らしさ」「女らしさ」を“否定”しようとする運動を言い、“LGBT支援運動”とは、従来の「男女」2つの性を“否定”した「多様な性」を強要する運動をいう。
これらの根っこにあるのは“共産主義思想”であり、「私有財産」と「階級支配」のない社会で、個人が「バラバラの個」として連帯(「国家に従属」)した“全体主義社会”であるとされる。
「性秩序の破壊」と「結婚制度の廃止」で、『家族』を“解体”して、新しい“共同社会”をつくり、『国家』(=支配機構)を“死滅”させる。
それがコンミューン主義としての共産主義の目標である。
“ジェンダーフリー運動”と“LGBT解放運動”には、共に「性秩序を破壊」して「家族を解体」し、それによって「革命を醸成」する役割があり、これらは『共産主義革命の手段』として行われる。
かつて、共産主義者はロシア革命後に、西欧先進国での共産革命を試みたが、彼らのいう 「家父長的権威主義的な家族」 と 「キリスト教の性道徳」 が “障壁” となった。
そこで、まず 伝統的な 「性道徳を破壊」 して、近代的な 「家族を解体」 しよう と考えた。
この試みは、 “ヴィルヘルム・ライヒ” と “フランクフルト学派” によって行われた。
://dhatenanejp/jjtaro_maru/20091023/1256254671
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1917年ロシア共産革命によって政権を掌握した共産党・革命政府の施策は多くの抵抗に遭遇した。
ソ連政府はその原因を“家族”にあると考え、革命を成功させる為、「家族の絆を弱める」事とした。
『全女性の労働参加』で『家事』『育児』が“社会化”され、食事は共同食堂、育児は保育所となった。
しかも、1934年頃になると、彼らが予想もしなかった有害現象が同時に進行していた。
“家族解体”政策が「社会の安定と国家の防衛を脅かすもの」と認識され始めた。
すなわち・・・
①「家族」や「親子関係」が“弱まった”結果、「少年非行が急増」した。
新聞はその報道で埋まり、彼らは住居に侵入し、掠奪・破壊し、抵抗者は殺戮した。
汽車のなかで猥褻な歌を歌い続け、終わるまで乗客を降ろさなかった。
学校は授業をさぼった生徒たちに包囲され、先生は殴られ、女性たちは襲われた。
②「性の自由化」と「女性の解放」という壮大なスローガンは、強者と乱暴者を助け、弱者と内気な者を痛めつける事になり、
何百万の少女達の生活がドン・ファンに破壊され、何百万の子どもたちが、両親の揃った家庭を知らないことになった。
③「堕胎」と「離婚」の“濫用”(1934年の離婚率は37%)の結果、“出生率が急減”した。
それは共産主義国家にとって、労働力と兵力の確保を脅かすものとなった。

こうして、1934年には国家はこの様な“混乱”の対策に精力を消耗することに耐えられなくなった。
それはナチスドイツとの戦争に直面している国の「国力を破壊するもの」であった。
これを是正するためには、社会の柱(pillar of society)である“家族を再強化”する以外に方法はなかった。
※ニコラス・S・ティマシエフ論文
『ロシアにおける家族廃止の試み』
(NWBell”A Modern Instrucion to the Family”1960 NYFree Prees所収)による。
ニコラス・S・ティマシエフ
s://enmwikipediaorg/wiki/Nicholas_Timasheff
より引用。
Nicholas Sergeyevitch Timasheff (Russian: Никола й Серге евич Тима шев) (November 9, 1886 – March 9, 1970) was a Russian sociologist, professor of jurisprudence and writer
Timasheff “came from an old family of Russian nobility”; his father was Minister of Trade and Industry under Nicholas II
In St Petersburg, where he was born, he attended a classical high school; he went on to attend the Tsarskoye Selo Lyceum, the University of Strasbourg, and the Saint Petersburg State University (MA 1910, LLD 1914) At the latter university he met the Polish-Russian jurist Leon Petrazycki, who was a significant influence on him throughout his life
Two years later he began teaching sociological jurisprudence at the University of Petrograd He emigrated to the United Statesfollowing an alleged involvement with the Tagantsev Conspiracy in 1920 He took up a similar position at Fordham University, and was one of the original developers of the discipline of sociology of law
ニコライ・セルゲイヴィッチ・ティマシエフ(1886年11月9日〜1970年3月9日)は、ロシアの社会学者で法学と執筆の教授でした。
テシマシェフは 、古い家柄のロシア貴族出身で、彼の父はニコライ II世の下で通商産業大臣でした。
彼が生まれたサンクトペテルブルクでは、古典的な高校に通っていました。
彼はツァールスコエ・セロー・ライシーアム、ストラスブール大学、サンクトペテルブルク州立大学(MA 1910、LLD 1914)で学びました。
後者の大学では、ポーランド系ロシア法学者のレオン・ペトラジキ(Leon Petrazycki)に師事。彼は彼の人生全体に大きな影響を与えていた。
2年後、彼はペトログラード大学で社会学的法学を教え始めた。
彼は1920年に組織的な陰謀への関与を疑がわれて米国に移住した(訳者注、ソ連が誕生したのは1917年)。
彼は(イエズス会系のニューヨーク州)フォーダム大学で同様の地位を占め、『法社会学の規律(訳者注、法律によって引き起こされる社会の現象を分析する学問。)』の元々の提唱者の一人であった。
(中略)
Timasheff was the author of various works, including The Great Retreat: The Growth and Decline of Communism in Russia (New York, 1946), in which he argued that the Bolsheviks made a conscious retreat from socialist values during the 1930s, instead returning to traditional ones like patriotism and the family
彼は、ボルシェヴィキが1930年代に社会主義的価値観から大いなる撤退をし、代わりに愛国心や家族主義のような伝統的な価値観に立ち戻ったと主張した。 ― 『ロシアにおける大惨事:共産主義の成長と衰退』(ニューヨーク1946年)等の論文。
詳しくは
s://www35atwikijp/kolia/pages/913amp
共産主義者による敗戦革命。
s://monquwebfc2com/mokjihtml
://bewithgodscom/hope/japan/25html
◆キミたちウヨがイジメるからね
◆ひどい人たちですな


質問タグ:サヨク,Leon Petrazycki,LLD 1914,サンクトペテルブルク,テシマシェフ,LGBT,性道徳

【急募】LGBTはサヨクを支持するしかないのでしょうか? .

LGBTはサヨクを支持するしかないのでしょうか? .

LGBTはサヨクを支持するしかないのでしょうか?
s://twittercom/shimagurumi/status/1041548152531120128

サヨク,Leon Petrazycki,LLD 1914,サンクトペテルブルク,テシマシェフ,LGBT,性道徳アンサー

する必要はありませんよ。
★☆★『“性秩序”を破壊、結婚制度を廃止して、家族を解体させる“LGBT優遇運動”』★☆★
“ジェンダーフリー運動”とは、「男らしさ」「女らしさ」を“否定”しようとする運動を言い、“LGBT支援運動”とは、従来の「男女」2つの性を“否定”した「多様な性」を強要する運動をいう。
これらの根っこにあるのは“共産主義思想”であり、「私有財産」と「階級支配」のない社会で、個人が「バラバラの個」として連帯(「国家に従属」)した“全体主義社会”であるとされる。
「性秩序の破壊」と「結婚制度の廃止」で、『家族』を“解体”して、新しい“共同社会”をつくり、『国家』(=支配機構)を“死滅”させる。
それがコンミューン主義としての共産主義の目標である。
“ジェンダーフリー運動”と“LGBT解放運動”には、共に「性秩序を破壊」して「家族を解体」し、それによって「革命を醸成」する役割があり、これらは『共産主義革命の手段』として行われる。
かつて、共産主義者はロシア革命後に、西欧先進国での共産革命を試みたが、彼らのいう 「家父長的権威主義的な家族」 と 「キリスト教の性道徳」 が “障壁” となった。
そこで、まず 伝統的な 「性道徳を破壊」 して、近代的な 「家族を解体」 しよう と考えた。
この試みは、 “ヴィルヘルム・ライヒ” と “フランクフルト学派” によって行われた。
://dhatenanejp/jjtaro_maru/20091023/1256254671
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1917年ロシア共産革命によって政権を掌握した共産党・革命政府の施策は多くの抵抗に遭遇した。
ソ連政府はその原因を“家族”にあると考え、革命を成功させる為、「家族の絆を弱める」事とした。
『全女性の労働参加』で『家事』『育児』が“社会化”され、食事は共同食堂、育児は保育所となった。
しかも、1934年頃になると、彼らが予想もしなかった有害現象が同時に進行していた。
“家族解体”政策が「社会の安定と国家の防衛を脅かすもの」と認識され始めた。
すなわち・・・
①「家族」や「親子関係」が“弱まった”結果、「少年非行が急増」した。
新聞はその報道で埋まり、彼らは住居に侵入し、掠奪・破壊し、抵抗者は殺戮した。
汽車のなかで猥褻な歌を歌い続け、終わるまで乗客を降ろさなかった。
学校は授業をさぼった生徒たちに包囲され、先生は殴られ、女性たちは襲われた。
②「性の自由化」と「女性の解放」という壮大なスローガンは、強者と乱暴者を助け、弱者と内気な者を痛めつける事になり、
何百万の少女達の生活がドン・ファンに破壊され、何百万の子どもたちが、両親の揃った家庭を知らないことになった。
③「堕胎」と「離婚」の“濫用”(1934年の離婚率は37%)の結果、“出生率が急減”した。
それは共産主義国家にとって、労働力と兵力の確保を脅かすものとなった。

こうして、1934年には国家はこの様な“混乱”の対策に精力を消耗することに耐えられなくなった。
それはナチスドイツとの戦争に直面している国の「国力を破壊するもの」であった。
これを是正するためには、社会の柱(pillar of society)である“家族を再強化”する以外に方法はなかった。
※ニコラス・S・ティマシエフ論文
『ロシアにおける家族廃止の試み』
(NWBell”A Modern Instrucion to the Family”1960 NYFree Prees所収)による。
ニコラス・S・ティマシエフ
s://enmwikipediaorg/wiki/Nicholas_Timasheff
より引用。
Nicholas Sergeyevitch Timasheff (Russian: Никола й Серге евич Тима шев) (November 9, 1886 – March 9, 1970) was a Russian sociologist, professor of jurisprudence and writer
Timasheff “came from an old family of Russian nobility”; his father was Minister of Trade and Industry under Nicholas II
In St Petersburg, where he was born, he attended a classical high school; he went on to attend the Tsarskoye Selo Lyceum, the University of Strasbourg, and the Saint Petersburg State University (MA 1910, LLD 1914) At the latter university he met the Polish-Russian jurist Leon Petrazycki, who was a significant influence on him throughout his life
Two years later he began teaching sociological jurisprudence at the University of Petrograd He emigrated to the United Statesfollowing an alleged involvement with the Tagantsev Conspiracy in 1920 He took up a similar position at Fordham University, and was one of the original developers of the discipline of sociology of law
ニコライ・セルゲイヴィッチ・ティマシエフ(1886年11月9日〜1970年3月9日)は、ロシアの社会学者で法学と執筆の教授でした。
テシマシェフは 、古い家柄のロシア貴族出身で、彼の父はニコライ II世の下で通商産業大臣でした。
彼が生まれたサンクトペテルブルクでは、古典的な高校に通っていました。
彼はツァールスコエ・セロー・ライシーアム、ストラスブール大学、サンクトペテルブルク州立大学(MA 1910、LLD 1914)で学びました。
後者の大学では、ポーランド系ロシア法学者のレオン・ペトラジキ(Leon Petrazycki)に師事。彼は彼の人生全体に大きな影響を与えていた。
2年後、彼はペトログラード大学で社会学的法学を教え始めた。
彼は1920年に組織的な陰謀への関与を疑がわれて米国に移住した(訳者注、ソ連が誕生したのは1917年)。
彼は(イエズス会系のニューヨーク州)フォーダム大学で同様の地位を占め、『法社会学の規律(訳者注、法律によって引き起こされる社会の現象を分析する学問。)』の元々の提唱者の一人であった。
(中略)
Timasheff was the author of various works, including The Great Retreat: The Growth and Decline of Communism in Russia (New York, 1946), in which he argued that the Bolsheviks made a conscious retreat from socialist values during the 1930s, instead returning to traditional ones like patriotism and the family
彼は、ボルシェヴィキが1930年代に社会主義的価値観から大いなる撤退をし、代わりに愛国心や家族主義のような伝統的な価値観に立ち戻ったと主張した。 ― 『ロシアにおける大惨事:共産主義の成長と衰退』(ニューヨーク1946年)等の論文。
詳しくは
s://www35atwikijp/kolia/pages/913amp
共産主義者による敗戦革命。
s://monquwebfc2com/mokjihtml
://bewithgodscom/hope/japan/25html
◆キミたちウヨがイジメるからね
◆ひどい人たちですな


質問タグ:サヨク,Leon Petrazycki,LLD 1914,サンクトペテルブルク,テシマシェフ,LGBT,性道徳

コメント