【実質】自衛隊を縮小し、女子供が喜ぶ子供手当に回すべきじゃないですか? 南…

【実質】自衛隊を縮小し、女子供が喜ぶ子供手当に回すべきじゃないですか? 南…

自衛隊を縮小し、女子供が喜ぶ子供手当に回すべきじゃないですか? 南…

自衛隊を縮小し、女子供が喜ぶ子供手当に回すべきじゃないですか?
南シナ海でアメリカ空母と合同演習した次に、潜水艦訓練して、
その後に英国軍艦とまた演習って、護憲派と中国を挑発してます。 社会党が健在だったら、国民民主党や立憲民主党が強かったら
こんな徴発は絶対に阻止してました。安倍は調子に乗り過ぎてます。
若者の代表である山本太郎議員や、世論の代弁者であるSEALDsが
米軍の国外移転を求めているのに、多くの女性が自衛隊縮小と
専守防衛を望んでいるのに、なんという暴挙でしょうか。
呆れても開いた口が裂けてしまいます。
安倍を倒し米国と決別し、鳩山さんのような独自外交をすべきじゃ
ないでしょうか。防衛費を削って子供手当を配るべきじゃないですか。

アンサー

●201894 05:00更新
【主張】
防衛予算 思い切った充実が必要だ
://wwwsankeicom/column/news/180904/clm1809040002-n1html
防衛費を思い切って充実させる方向へ舵を切りたい。
それなくして、平和と繁栄、国民の安全を守ることは難しい。
周辺国は軍事力を急速に拡大し、日本との差は開いている。
傍観を続ければ、日本をめぐる軍事バランスは不利になる一方である。
日本の島を奪おうと侵攻したり、軍事力をかさに着て無理な要求を押し付けたりする誘惑にかられる国が現れてもおかしくない。
外交努力はもちろん、自衛隊を整備し、日米同盟の絆を強めて抑止力を高めるべきである。
装備品調達にあたって無駄を排し、効率性を重視する取り組みは重要である。
だが、それだけで国の守りに必要な予算を確保できるか。
平和が破れると、人命が失われ、多大な財政支出も余儀なくされることを考えておくべきだ。
政府は12月に防衛力整備の指針となる
「防衛計画の大綱」
を改め、平成31年度から5年間の中期防衛力整備計画をまとめる。
安倍晋三首相は8月29日、大綱見直しの有識者懇談会で、
「安全保障環境は現大綱を策定した5年前に想定したよりも格段に速いスピードで厳しさと不確実性を増している」
と語った。
中国の国防費は30年間で50倍以上に膨れあがり、今年は18兆4千億円である。
それが南シナ海などで覇権を目指す行動につながっている。
北朝鮮は核兵器と弾道ミサイル戦力の拡充を続けている。
防衛省が示した31年度防衛予算の概算要求は過去最大の5兆3千億円で今年度当初予算比21%増だった。
国内総生産(GDP)比は092%だ。
米軍再編関連の一部が未計上のため、それを加えれば5兆5千億円超となる。
だが、これでも十分とはいえない。
抑止力向上のため、弾道ミサイル防衛の充実や敵基地攻撃能力の保有は急務だ。
日本は冷戦終結後、防衛努力を怠った。
そのつけを払う必要に迫られている。
自民党は5月、抑止力を高める防衛費をGDP比2%とするよう提言した。
中曽根康弘元首相が会長の世界平和研究所はGDP比12%の確保を求めている。
財政事情が厳しさを増す中でも、政策の優先順位を見極める冷静な議論が必要である。
いたずらに拒否反応を示すより、柔軟な発想で防衛費の充実を図る。
それが平和を保つ最善の道筋だと政府は国民に説くべきである。
●2018822 05:00更新
防衛予算5兆2986億円 過去最大に 来年度概算要求、7年連続増
://wwwsankeicom/politics/news/180822/plt1808220001-n1html
防衛省は今月末に決める平成31年度予算の概算要求について、過去最大となる5兆2986億円を計上する方向で最終調整に入った。
7年連続の要求増で、30年度当初予算から約1千億円の増額となる。
北朝鮮による弾道ミサイルの脅威をにらんだ陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」や、最新鋭ステルス戦闘機F35Aなどを購入する。
複数の関係者が21日、明らかにした。
米軍再編経費などを含めた30年度の当初予算は5兆1911億円で、第2次安倍晋三政権の発足以降、6年連続で増加している。
北朝鮮の核・ミサイルや中国による海洋進出に対応するため、政府はさらなる増額が必要と判断した。
イージス・アショアに関しては最新鋭レーダーなど2千億円超を盛り込む。
米朝首脳会談の実現で朝鮮半島情勢の緊張は緩和しているが、政府は
「北朝鮮の脅威は変わっていない」(高官)
として導入を進める。
中国軍を念頭においた南西諸島防衛のため、航空自衛隊のF35Aや海上自衛隊の護衛艦、潜水艦の取得費も計上する。
敵の射程圏外から発射でき、敵基地攻撃能力にも転用可能な
「スタンドオフ・ミサイル」
も導入する。
自民党が政府に提言した海自の「いずも」型ヘリコプター搭載護衛艦の空母改修は見送る。
防衛費は過去最大の要求となったが、高額な装備費を複数年度に分けて支払う
「後年度負担」
が全体の約4割を占め、
「総額は増えたが十分な防衛予算とはいえない」
との指摘もある。
●2018817 21:51更新
中国海兵隊、2年後に3倍 台湾・尖閣占拠、視野か 米国防総省の年次報告
s://wwwsankeicom/world/news/180817/wor1808170030-n1html
【ワシントン=黒瀬悦成】
米国防総省は16日、中国の軍事・安全保障の動向に関する年次報告書を公表した。
報告によると、中国海軍は、敵前上陸などを担う陸戦隊(海兵隊)について、現状の約1万人規模(2個旅団)を2020年までに3万人規模超(7個旅団)まで拡大させる計画であることが判明した。
陸戦隊には新たに「遠征作戦」などの任務も付与されるとしており、台湾の軍事的統一や尖閣諸島(沖縄県石垣市)の占拠などを視野に兵力を増大させている可能性がある。
報告書は、陸戦隊の拡大を
「中国海軍に関する昨年の最も重要な変化の一つ」
と指摘。
中国が広域経済圏構想「一帯一路」を展開し、世界各地への影響力浸透を図る中、海軍力の増強に力を入れている。
陸戦隊は中国が同構想をにらみ海外に展開する軍事拠点の「先遣部隊」の役割を担うとみられ、昨年8月に北東アフリカのジブチに設置された中国軍初の海外基地で既に活動が確認されたとしている。
中国海軍は潜水艦の保有数を現行の56隻から20年までに69~78隻に増強させるほか、初のカタパルト装備の空母を今年中に建造を開始する見通し。
報告書はまた、中国海警局(沿岸警備隊)の船艇が昨年、尖閣諸島の周辺12カイリ内を
「10日に1回」
の頻度で航行したと指摘。
南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島では3つの人工島の軍事拠点化が引き続き進行中であるとした。
報告書はさらに、中国空軍が核兵器運用任務を正式に付与されたとし、大陸間弾道ミサイル(ICBM)、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と戦略爆撃機で構成される核運搬手段の「3本柱」が中国で初めて確立されたと指摘した。
報告によれば、中国空軍は戦略爆撃機による長距離渡洋爆撃が実施可能な範囲を急速に拡大させるとともに、米国や同盟諸国への攻撃を想定した訓練を進めているとした。
17年の中国の軍事予算は1900億ドル(約21兆円)超。
28年の公式軍事予算は2400億ドル以上になる見通しだとしている。
●2018817 22:00更新 産経新聞
中国軍、海外権益拡大へ遠洋に視線 空母打撃群整備急ピッチ
【北京=西見由章】中国海軍は近年、その役割を近海防御から遠海での任務遂行へと拡大させており、陸戦隊の増強はその一環だ。
米軍に比肩する
「世界一流の軍隊」(習近平国家主席)
を今世紀半ばまでに建設する目標を掲げ、世界の海域を舞台にした覇権争いも視野に入れている。
陸戦隊に注目が集まったのは昨年3月。
王維明・海軍副参謀長が全国人民代表大会(国会)期間中に
「陸戦隊の建設を加速させる」
と発言し、続いて香港紙が
「将来、陸戦隊を10万人体制に拡充する計画」
を軍事筋の話として報じた。
陸戦隊は本来、台湾海峡有事や東、南シナ海など近海での紛争を想定した部隊だ。
ただ中国が「一帯一路」をテコに海外権益を拡大させる中、海上輸送路の確保など外洋での作戦能力向上が急務となっている。
陸戦隊は政情不安定な地域での活動を視野に入れており、ジブチやパキスタンのグワダル港を拠点にするとの見方もある。
また中国海軍が最も力を入れているのは空母打撃群の構築だ。
国産空母だけでなく、排水量1万トン超の大型駆逐艦も急ピッチで建造を進めている。
◆自衛隊より前に米軍とバイバイしたら1兆円近くが浮きます
女子供に配布するよりも消費税率を下げたほうが良いと思います
30年前に戻り贅沢品に課税しましょう
◆●2018822 05:00更新
防衛予算5兆2986億円 過去最大に 来年度概算要求、77年連続増
://wwwsankeicom/politics/news/180822/plt1808220001-n1html
防衛省は今月末に決める平成31年度予算の概算要求について、過去最大となる5兆2986億円を計上する方向で最終調整に入った。
7年連続の要求増で、30年度当初予算から約1千億円の増額となる。
北朝鮮による弾道ミサイルの脅威をにらんだ陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」や、最新鋭ステルス戦闘機F35Aなどを購入する。
複数の関係者が21日、明らかにした。
米軍再編経費などを含めた30年度の当初予算は5兆1911億円で、第2次安倍晋三政権の発足以降、6年連続で増加している。
北朝鮮の核・ミサイルや中国による海洋進出に対応するため、政府はさらなる増額が必要と判断した。
イージス・アショアに関しては最新鋭レーダーなど2千億円超を盛り込む。
米朝首脳会談の実現で朝鮮半島情勢の緊張は緩和しているが、政府は
「北朝鮮の脅威は変わっていない」(高官)
として導入を進める。
中国軍を念頭においた南西諸島防衛のため、航空自衛隊のF35Aや海上自衛隊の護衛艦、潜水艦の取得費も計上する。
敵の射程圏外から発射でき、敵基地攻撃能力にも転用可能な
「スタンドオフ・ミサイル」
も導入する。
自民党が政府に提言した海自の「いずも」型ヘリコプター搭載護衛艦の空母改修は見送る。
防衛費は過去最大の要求となったが、高額な装備費を複数年度に分けて支払う
「後年度負担」
が全体の約4割を占め、
「総額は増えたが十分な防衛予算とはいえない」
との指摘もある。
●沖縄県知事選 何が「翁長氏の遺志継ごう」や 仕事は「反基地」だけちゃうで
2018年8月22日 夕刊フジ
沖縄県の翁長雄志知事が亡くなった。
死者にムチ打つつもりはないが、政治家となると、生前の功罪が問われるのは仕方がないやろ。
そやのにや。
何や、どのチャンネンル回しても、コメンテーターや有名ジャーナリストらが
「素晴らしい知事やった」
「沖縄のために命懸けで働き続けた」
「国を相手に命削って戦った」
やの・・・歯の浮くようなコメントばっかやないか。
「沖縄のために命懸けで働き続けた」
は、今も尖閣諸島周辺海域で、中国の侵略を阻止せんとしている海上保安庁の保安官や海上自衛隊員たちにかける言葉やろ。
翁長知事は、反基地運動にかまけてばっかで沖縄県の、我が国の島が、海が侵されようとしても何をしたの?
そして最大の罪は、沖縄県政に
「過激な反日分子」
を招き入れたことや。
何が「沖縄県政のため」や。
あの知事の最終的な野望は、沖縄を日本から独立させて、米軍基地を追い出した後、中国に”売り渡す”ことやったんとちゃうんか?
「何が翁長知事の遺志を引き継ごう」や。
いつから沖縄の知事は前知事の遺言で決められるようになったんや。
今時のヤクザでも襲名は合議制やで。
まだまだあるで。
何でテレビ局は、翁長知事が自民党沖縄県連幹部時代に、
「辺野古沖移転推進の旗振り役」
やったと、ホンマのことを報道せんのや。
かつては、辺野古沖移転を承認した、前任の仲井眞弘多知事の選挙参謀まで務めた男が
「極左・反日」
に転向したきっかけを何で取材せん。
けったいやないか。
何で真相を報道せんのや。
その理由は、沖縄県民なら知らんもんはおらんが、恐うて誰も口に出せんだけやろ。
翁長知事が”寝返った”その理由は、民主党(当時)が自民党から政権奪取したのを見たからやろ。
鳩山由紀夫首相(当時)が
「沖縄の普天間飛行場は最低でも県外へ」
を公約にして、総選挙に勝ったのを見て、今「反米」に転向したら
「知事の座を狙える」
と読み、それが当たっただけとちゃうか?
まだまだあるで。
知事の仕事は「反基地」だけちゃうやろ。
沖縄県の島である尖閣諸島への中国公船の侵略に、何で県民集会開いて抗議せん?
そればっかりか、中国人歓迎するための悪趣味な門まで、上海に発注して立てる忠義ぶり・・・この中国・米国の違いは何や?
まだまだ何ぼでもあるが、今日はこれぐらいでカンベンしといたるわ。
後任知事を選ぶ選挙は2018年9月に前倒しされた。
沖縄のことは
「ヤマトンチューはほっといてくれ」
と言いよるやろうが、沖縄には翁長知事の時代もこれからも毎年巨額の地域振興税が払われるんや。
日本人の血税や。
沖縄県民の皆様、今度こそ冷静になって投票してや。
何ちゅうても沖縄は”まだ”日本やから。
●中国の軍事的脅威に米危機感 西太平洋の基地攻撃能力誇示 沖縄周辺の防衛強化が必須に
2018年8月22日 夕刊フジ
米国防総省は中国の軍事・安全保障動向に関する年次報告書で、
「中国人民解放軍が米国とその同盟国に対する攻撃を想定した訓練を重ねている」
と分析した。
「一帯一路」についても、
「投資攻勢で中国に依存せざるを得ない経済構造を周辺国に強制している」
と指摘している。
中国と対面している日本は、この軍事的脅威にどう対処すべきなのか。
この年次報告書は、毎年の国防予算授権法のために米国防総省から議会へ報告するもので、2010年から行われている。
当初は70ページ程度であったが、2018年の報告書は130ページと、ほぼ倍増している。
国防予算授権法は毎年の国防予算権限を政府(米国防総省)に与え、予算の大枠を決める法律である。
日本では、国防予算を政府が作り、それを国会が議決する形だが、米国は、国防予算を議会が作る。
つまり、毎年の国防予算授権法は、当該会計年度より5年間にわたる特定の事業計画に対する支出について権限を与え、将来の国防予算を決定できるという重要なものだ。
その際、予算とともに各種の制裁措置も決められる。
トランプ米大統領は2018年8月13日、2019年度(2018年10月~2019年9月)の国防予算授権法に署名した。
同法では2019年度の国防予算総額は7160億ドル(約80兆円)と、2018年度より170億ドル(約1兆9000億円)多い。
さらに、予算額の他に、中国への制裁措置も盛り込まれた。
米政府機関とその取引企業に対し、中国情報通信大手のファーウィやZTEの機器を使うことを禁止し、中国などへの技術流出を防止するため海外企業の投資を審査する
「対米外国投資委員会」
の権限を強化し、
多国間軍事演習「環太平洋合同演習」(リムパック)で、
中国が南シナ海の軍事拠点化をやめない限り参加を禁じることも規定している。
こうした中国への制裁措置が出てくるのは、やはり報告書に書かれている中国の軍事動向によるものだ。
報告書は、中国人民解放軍が沖縄、台湾、フィリピンを結ぶ
「第1列島線」
を超える爆撃機の運用能力を確保していると述べている。
その上で、グアムを含む西太平洋の米軍基地などを攻撃する能力を誇示するようになると警告する。
また、台湾の独立宣言を防ぐため「有事」に備えた準備を進めている形跡があるとも指摘している。
オバマ政権当初は、
「戦略的再保証」
と言い、米国は中国を大国として保証し、中国とともに世界の安定を図るという戦略だったが、トランプ政権はこれを完全に否定し、中国の拡張主義・海洋進出は米国の利益にならないという立場になった。
米国は、中国と対照的に、台湾との防衛協力を強化する方針を打ち出し、武器売却も促進している。
日本としても、米国の対台湾政策との歩調を合わせるため、日米同盟の一層の強化が必要だ。
沖縄周辺の国防を強化しなければ、日中の軍事バランスが崩れて危険である。
●2018年8月20日 / 10:27
中国、軍事動向に関する米報告書の分析は「全くの憶測」と反発
s://jpreuterscom/article/china-defense-idJPKCN1L502N
●米国防総省の年次報告書 中国が反発「軍事的脅威を誇張」
2018年8月18日 13時33分
s://www3nhkorjp/news/html/20180818/k10011581351000html
◆●海自潜水艦隠密作戦 中国狼狽 同盟国・米国も了解
2018年9月18日 夕刊フジ
南シナ海で軍事的覇権を強める中国への”強烈なメッセージ”なのか。
防衛省は2018年9月17日、海上自衛隊の潜水艦を南シナ海に派遣し、護衛艦部隊とともに対潜水艦を想定した訓練を実施したと発表した。
潜水艦の行動は「極秘中の極秘」であり、今回の公表は極めて異例。
同盟国・米国も了解しているとみられる。
国際法を無視して、南シナ海の岩礁を軍事基地化している中国への牽制とともに、中国の具体的行動への”警告”と分析する関係者もいる。
米中貿易戦争が激化する中、中国の軍事的挑発を阻止する狙いなのか。
中国は反発したが、動揺を隠しきれない。
「自衛隊の訓練は、練度を向上させるためで、どこか特定の国を想定したものではない」
「南シナ海における潜水艦の訓練は15年前から行い、昨年も一昨年もしている」
安倍晋三首相は2018年9月17日夜、テレビ朝日系「報道ステーション」に生出演した際、海自の対潜水艦訓練について、こう説明した。
重ねて、安倍首相は
「事実上、そうした訓練は(近隣国である)相手方も、十分に承知していることが多い」
とも述べており、中国を意識したメッセージであることは、間違いない。
中国は南シナ海のほぼ全域に歴史的権利があると主張し、独自の境界線「九段線」を引く。
国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所は2016年、こうした主張を否定したにもかかわらず、中国は、スプラトリー(中国名・南沙)諸島の岩礁を勝手に埋め立てた人工島に滑走路やレーダーを建設した他、パラセル(同・西沙)諸島に地対艦ミサイルを配備し、軍事拠点化を進めている。
共産党一党独裁による中国の覇権拡大に対し、
「自由と民主主義」
「人権」
「法の支配」
といった価値観を共有する自由主義諸国は、警戒感を強めている。
ドナルド・トランプ米政権は「航行の自由」作戦を展開し、英海軍も揚陸艦を航行させて圧力をかける。
こうした中、今回の海自の訓練は、九段線の内側、フィリピン西側の「公海上」で行われたという。
海自などによると、南シナ海に派遣したのは、海自呉基地(広島県)を母港とする潜水艦「くろしお」。
2018年9月13日までに護衛艦「かが」「いなづま」「すずつき」の計3隻と合流し、護衛艦や艦載ヘリコプターがソナーを使って敵の潜水艦を探索する一方、潜水艦は探知されないように護衛艦への接近を試みる実戦的内容だった。
「くろしお」は、全長82㍍、幅89㍍で乗員約70人の潜水艦(排水量2750トン)。
「かが」は海自最大の護衛艦で、空母化の構想もある「いずも」と同型だ。
これに対し、中国の反応は、従来のような激烈な反発ではない。
中国外務省の耿爽(こう・そう)報道官は2018年9月17日の記者会見で
「現在、南シナ海の情勢は安定に向かっている」
「域外の関係国は慎重に行動し、地域の平和と安定を損なわないよう求める」
と述べた。
ドナルド・トランプ米大統領は2018年9月17日(米国時間)、中国からの輸入品に追加関税を課す制裁第3弾を2018年9月24日に発動すると発表した。
中国の”軟化”は、対米貿易戦争での苦境を反映しているのか。
このタイミングで日本側が対潜水艦訓練を公表した狙いを、専門家はどうみるか。
米国事情に精通する拓殖大学海外研究所所長の川上高司教授は
「訓練の公表が、中国への牽制であることは間違いない」
「米国の対中関税制裁は強力で、日本は米国と歩調を合わせ、軍事面から後方支援するという意味があるのだろう」
と話した。
これと符合するように、官邸に近い永田町関係者は次のように語った。
「米中貿易戦争が激化する中、中国が軍事的緊張状態を演出する懸念がある」
「今回の公表は、日米による『軍事的緊張を許さない』というメッセージだった可能性が高い」
「潜水艦『くろしお』は最新鋭潜水艦ではなく発見しやすいが、中国の哨戒能力では把握できなかったのではないか」
「このため、『我々は南シナ海でも自由に行動できる』『挑発はダメだ』と伝えるため、異例の公表に踏み切ったとみる」
「軍事的挑発で懸念されるのは、弾道ミサイルを搭載した中国原潜の太平洋進出だ」
「米中の軍事的緊張が一気に高まる」
中国の具体的行動を受けたメッセージとの分析もある。
防衛関係者は
「防衛省の今回の動きは異例だ」
「表向きのメッセージとは違う可能性が高い」
と言い、続けた。
「潜水艦の行動は、各国海軍とも極秘だ」
「トランプ大統領でも、米原子力潜水艦の動きは知らされない」
「防衛省がリスクを侵して公表した意図がある」
「あくまで推測だが、中国が南シナ海で許容できない行動をしたのではないか」
「中国は現状を少しずつ変更して、軍事的覇権を強める戦術を取っている」
「自衛隊がそれを察知し、米国と情報共有した上で、中国側にメッセージを伝えたとみるのが自然だろう」
「自衛隊の哨戒能力は世界最高だ」
「日本周辺で各国艦船や潜水艦の動向をリアルタイムで把握している」
「中国の抑制的な反応を見る限り、メッセージは伝わったのではないか」
●2018917 23:29更新
南シナ海の海自潜水艦訓練で安倍晋三首相「特定の国想定せず」 「15年前から実施」とも
s://wwwsankeicom/politics/news/180917/plt1809170023-n1html
安倍晋三首相は17日夜のテレビ朝日番組で、海上自衛隊の潜水艦が南シナ海で訓練を実施したことについて
「実は15年前から行っている。昨年も一昨年も行っている」
と明らかにした。
中国は南シナ海で一方的な軍事拠点化を強行しているが、首相は
「自衛隊の練度を向上させるものであり、特定の国を想定したものではない」
とも述べた。
首相は他の海域でも訓練を行っていると説明。
その上で、日中関係については首脳間の往来が進みつつあるとして
「確実に今、新たな段階に向かって進んでいる」
と述べた。
自衛隊は17日、南シナ海で海自潜水艦が訓練を実施したと発表した。
訓練海域はフィリピン西側の公海上で、中国が南シナ海に引いた独自の境界線「九段線」の内側という。
秘匿性の高い潜水艦の訓練実施を自衛隊が公表することは異例だが、首相は
「事実上、訓練は近くの国々も知っている」
と述べた。
●2018917 20:31更新
海自潜水艦、南シナ海で訓練 異例の公表…軍事拠点化の中国牽制 ベトナム要衝にも初寄港
s://wwwsankeicom/politics/news/180917/plt1809170009-n1html
防衛省は17日、海上自衛隊の潜水艦を南シナ海に派遣し、護衛艦部隊とともに対潜水艦を想定した訓練を13日に実施したと発表した。
実任務に就く潜水艦の南シナ海での訓練が公表されたのは初めて。
同海域で一方的な軍事拠点化を強行する中国を牽制する狙いがある。
派遣したのは海自呉基地(広島県)を母港とする潜水艦「くろしお」。
13日までに東南アジア周辺海域で長期訓練中の護衛艦「かが」「いなづま」「すずつき」の3隻と合流し、護衛艦や艦載ヘリコプターがソナーで潜水艦を探索する一方、潜水艦は探知されないように護衛艦に接近する実戦的な訓練を行った。
訓練海域はフィリピン西側の公海上で、中国が南シナ海に引いた独自の境界線「九段線」の内側という。
くろしおは17日、南シナ海に面するベトナム中部の軍事要衝カムラン湾に寄港した。
海自潜水艦が入港するのは初めてで、南シナ海で中国との領有権問題を抱えるベトナムとの連携を示す狙いもありそうだ。
海自が秘匿性の高い潜水艦の行動を公表するのは異例。
あえて対外的に明らかにすることで、日本の存在感と運用能力の高さを示し、南シナ海での権益を主張する中国を強く牽制したい考えだ。
安倍晋三首相は10月下旬に訪中を予定しており、日中関係は改善しつつある。
しかし、政府は法の支配を重視する立場から覇権主義的な行動には厳しい姿勢で臨む方針で、
自衛隊幹部は
「南シナ海は日本にとっても重要な海上交通路だ。今後も日本なりの方法で関与していく」
と語る。
南シナ海では、中国がスプラトリー(中国名・南沙)諸島の人工島に滑走路やレーダーを建設したほか、パラセル(同・西沙)諸島に地対艦ミサイルを配備し、軍事拠点化を進めている。
これに対し米海軍は人工島から12カイリ(約22キロ)内の海域を通過する「航行の自由」作戦を断続的に実行。
米空軍もB52H戦略爆撃機を南シナ海上空で飛行させ、中国に圧力をかけている。
●2018917 21:14更新
中国「安定損なう」と反発 南シナ海での海自潜水艦訓練に
s://wwwsankeicom/politics/news/180917/plt1809170019-n1html 【北京=西見由章】海上自衛隊の潜水艦「くろしお」などが南シナ海で訓練を実施したことについて、中国外務省の耿爽(こう・そう)報道官は17日の記者会見で
「域外の関係国は慎重に行動し、地域の平和と安定を損なわないよう求める」
と反発した。
耿氏は
「現在、南シナ海の情勢は安定に向かっている」
と強調し、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国による
「対話を通じた平和的な問題解決への努力」
を尊重するよう
「域外の国」
に求めた。
◆●第1練習潜水隊 研究開発、乗組員運用など試験
2018年9月20日 夕刊フジ 菊池雅之
海上自衛隊の潜水艦「くろしお」が2018年9月13日、海自最大のヘリコプター搭載型護衛艦「かが」などと、南シナ海で対潜水艦戦訓練を実施した。
第1練習潜水隊司令指揮する「くろしお」は2018年9月17日、海自潜水艦として初めて、ベトナム・カムラン基地に寄港した。
親交を深めるべく、様々な行事が執り行われ、2018年9月21日に帰路につく。
中国や日本の一部メディアはこの行動に対し、過剰なまでの反応を見せた。
だが、実は、海自潜水艦が南シナ海へと進出し、訓練を行ったのは今回が初めてではない。
布石となったのが、練習潜水艦「みちしお」だった。
2017年3月18日から2017年4月27日まで、幹部候補生学校を卒業したパイロットの卵である飛行幹部を対象とした外洋練習航海が行われた。
これに護衛艦「ふゆづき」と共に練習潜水艦「みちしお」が参加した。
海自呉基地(広島県)を出港した後、沖縄を経て、中国が実効支配を深める南シナ海で訓練を行いながら、2017年4月4日、マレーシアのコタキナバル海軍基地に入港した。
この時の艦長、岡崎淳平2等海佐は、潜水艦「はくりゅう」艦長時代にも、オーストラリアのシドニーに初入港を果たした実績があり、海外遠征のプロと称される人物だった。
中国海軍は、マレーシア領海に入るまで、海自艦艇をぴったりとマークしてきた。
だが、特に妨害されることなく、両艦は目的を達し、無事帰国している。
教育・訓練にも一切支障は出ていない。
防衛省関係者は
「日本のマスコミが騒いだから、中国政府は抗議のコメントを発したに過ぎないのではないか」
「もともと、2016年には、練習潜水艦『おやしお』が南シナ海に面したフィリピンのスービック基地に入港した実績もある」
と、いたって冷静だ。
今回は、第1線の潜水艦であり、練習潜水艦とは、確かに任務に違いはある。
しかし、共に現在の海自潜水艦部隊の中核を務める「おやしお」型潜水艦である。
第1練習潜水隊とは、潜水艦乗組員に対する教育訓練と、潜水艦に関連する研究開発や試験を専門的に行う部隊だ。
呉に隊司令部を置き、現在「おやしお」「みちしお」の2隻で構成されている。
海自が最新鋭の「そうりゅう」型潜水艦を建造するに当たり、練習潜水艦「あさしお」(当時)を改造し、新動力であるAIPシステムを搭載し、大規模な実験を行った。
防衛省は2018年9月、将来的に女性自衛官を潜水艦に乗せる計画があると発表した。
だが、練習潜水艦では既に、2~3日と短期ではあるものの女性自衛官による航海実習を行っている。
このように、将来の潜水艦開発に必要とされる実験だけでなく、乗組員の運用についても、色々と試験する役目が第1練習潜水隊にはある。
海自潜水艦部隊の精強化のためには、必要不可欠な部隊なのである。
●中台関係
2018年9月20日
中台関係は、今、台湾が直面している最大の懸念事項だ。
中国の東シナ海における軍事的脅威は日本も同じで強い関心を持っている。
中国は台湾統一を国策として毛沢東時代から続けている。
中国は2020年までに台湾に軍事侵攻する可能性もあると一部のメディアは報じている。
台湾統一は中国の現政権の悲願でもある。
今、中国は「金銭外交」で色んな国に対して台湾との国交断絶を画策している。
2018年5月にはドミニカ共和国と西アフリカのブルキナファソが外交関係を断絶した。
つい先日、エルサルバドルも外交関係を断絶した。
中国は台湾の友好国に対して国交断絶と引き換えに膨大な経済援助を提案している。
これによって台湾包囲網を拡大している。
しかし、その実態はというと、経済援助を受けた国は巨大な負債を抱えることになり、返せなくなって、港湾インフラなどの事実上の経営権を中国に奪われているのが現実だ。
返せなくなって、IMF(国際通貨基金)に救済を求める国も出てきた。
目の前にぶらさげられたエサに食いついてしまうと大変なシッペ返しが待っているということだ。
それが中国の戦略だ。
こんな仕打ちを受ければ、台湾の国民はますます中国に嫌悪感を持ってしまう・・・実によくない方向に動いている。
どうして中国はそこまで台湾にこだわるのか。
もともと台湾は毛沢東に敗れた蒋介石の亡命政権ということもあって、国家として認められないというメンツもあるだろうが、台湾の独立を認めてしまうと、中国各地に住んでいる少数民族の独立運動が次々に起こって、内戦になるという事態を恐れている。
チベット自治区、ウイグル自治区、内モンゴル自治区、香港、マカオなど中国から独立したいと思っている民族はたくさんいる。
今、中国は経済発展による豊富な資金と軍事力で領土を拡張するというトレンドに入っている。
日本は1972年に中国と国交を結んだ時点で、形式的には台湾と国交がないという形になっている。
そこが何とも複雑なところだけど、世界の国も同じで、国際的な場ではチャイニーズタイペイという呼び方をしているものの、実質的には経済文化交流は今も普通に行っている。
それを止めさせようと中国は発展途上国を中心に台湾との国交を断絶させようとしている。
問題は今、中国の軍事的な脅威は台湾のみならず、日本にも向けられていることだ。
これは看過できない。
南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島は既に中国に占領されてしまったが、今その矛先が東シナ海に向けられ、尖閣諸島を始めとする南西諸島付近に海軍力を集中させている。
2018年に入ってからは、2018年1月に原子力潜水艦が宮古島と尖閣諸島の接続水域内を航行し、その後浮上して中国国旗を掲げるという挑発行為をしている。
また、2018年3月には南シナ海で史上最大規模の大演習を行い、2018年4月には空母「遼寧」を含む7隻の艦隊が与那国島周辺に現れて艦載機の発着訓練をし、更に沖縄本島と宮古水道を通過して対空戦や対潜水艦戦の訓練も行っている。
中国の国防費は30年間で50倍以上に膨れあがり、2018年は18兆4千億円である。
それを使って「海洋強国の建設」をスローガンに軍拡路線に入っている。
もちろん標的は台湾と尖閣諸島だ。
それに対して日本はどういう対抗措置を取っているのか。
そこの対応に関しては、日本政府はかなり柔軟に穏便にいこうという路線だ。
一言で言えば
「日中関係改善の流れを阻害することのないように」
という配慮だろうか・・・少し甘いと言わざるを得ない。
中国が東シナ海に戦闘機を投入するなら、当然、日本も戦闘機を配備しなければならない。
中国の空母「遼寧」に対抗するには、海自の護衛艦「いずも」を改修して、F35B戦闘機を導入して活用しなければならない。
F35B戦闘機は滑走路が200㍍もあれば離着陸できる。
ということは空母がなくても、日本の南西諸島の空港を活用すれば、十分対抗できるということだ。
種子島の空港や奄美大島、徳之島、石垣島、宮古島などは2000㍍の滑走路を持っているし、一番短い慶良間空港や波照間空港でも800㍍ある。
滑走路を持っている島はどれくらいあるのか。
鹿児島県に7、沖縄県には12ある。
日本の離島防衛のためにも両県の知事と話し合いをして協力してもらわなければ、日本は本当に危うい状況に追い込まれる。
中国は何故南シナ海や東シナ海にそんなにこだわるのか。
それは軍事目的だ。
中国は第1列島線というラインを勝手に引いて、そこを自分の領海とし、その中を潜水艦が自由に航行できる聖域(サンクチュアリー)にしたいと考えている。
現在、中国はアメリカを上回る70以上の潜水艦を保持していると言われ、そのうち核弾道ミサイルを搭載する原子力潜水艦が少なくとも4隻以上あるいは5~7隻あるかもしれない。
この原潜が3隻あればアメリカの主要都市を壊滅状態にすることができると言われている。
だから中国はアメリカに対抗するためには原子力潜水艦が自由に航行できる広い領海を確保したいわけだ。
その第1列島線の中に台湾と尖閣諸島も入っている。
だから中国としては、この2つはどうしても自国の領土にしたいと考えているわけだ。
だから、中国は尖閣諸島のような小さな島にこだわっている。
おまけにミサイルの発射位置が潜水艦からだとどこにあるか分かりづらいので、敵から攻撃されにくい。
中国が海洋軍事大国を目指すのはここなのである。
アメリカ議会は
「2018国防授権法」
「台湾旅行法」
を相次いで通過させた。
これに中国はかなりピリピリしている。
米艦船の台湾の港への定期的な寄港を提言している「2018国防授権法」には、中国は
「米国の艦船が台湾の高雄(カオシヨン)港に入港したら、その日が台湾を武力統一する日になるだろう」
と警鐘を発している。
それは本気か、威嚇か。
米中は貿易摩擦を含めて、今は完全な対決状態にあるので、本気の可能性は低くない。
米中関係、米台関係、台中関係、この三つ巴の中に日本がどういうスタンスで参加するか、大変難しい局面にある。
東アジアで一番友好的なのは台湾だから、日米台関係を強固にして中国に立ち向かわなければならない。
国を守るため備え続けなければならない。
◆義務教育にかかる費用は全額無料であるべきだと思いますね。高校まで義務教育化で良いと思います。もちろん給食費や修学旅行費、シングルマザーには生活費の補助金もあって良いと思います。


質問タグ:南シナ海,SEALDs,イージス・アショア,鳩山,子供手当て,女子供,くろしお

【最新】先日最終回を迎えたFree!ですが、EDで怜、渚と一緒にいたメガネの男性…

先日最終回を迎えたFree!ですが、EDで怜、渚と一緒にいたメガネの男性…

先日最終回を迎えたFree!ですが、EDで怜、渚と一緒にいたメガネの男性って誰でしたっけ!?見覚えがあるのですが…先代の部長でしたっけ?

先代,怜,最終回,メガネ,部長,キャプテン,陸上部アンサー

私もうる覚えですが、怜がいた陸上部のキャプテン(先輩)だったと思います。
◆陸部の人でしたね。初期から追っかけてても忘れてしまう(^^;;


質問タグ:先代,怜,最終回,メガネ,部長,キャプテン,陸上部

【究極】20歳男性です。 昨日急に勃起しなくなったのですが、病院に行くべきで…

20歳男性です。 昨日急に勃起しなくなったのですが、病院に行くべきで…

20歳男性です。 昨日急に勃起しなくなったのですが、病院に行くべきでしょうか?
性交渉はしたことありません。

アンサー

横浜関内にあるクリニック( ://wwwybc-edjp/ )です。気になるようでしたらお近くの病院へご相談されることをおすすめします。
◆性的興奮(AVを見る等)をしたらたつみたいなんですが、大丈夫でしょうか?
◆早めに泌尿器科へ行ってください。
◆一過性であれば体調の波かも知れません。
もうしばらく様子を見てみては。


質問タグ:性交渉,病院,20歳男性,泌尿器科,一過性,横浜関内,クリニック

【マル得】Excelでシート内の全ての半角を全角に するには。。 という方法でJIS…

Excelでシート内の全ての半角を全角に するには。。 という方法でJIS…

Excelでシート内の全ての半角を全角に
するには。。
という方法でJIS関数を使えばセル指定で
全角になりますね。 ://excelonushicom/function/jishtm
今回シート全体に300個以上混ざっている
半角を全角にしようと思いますが、その場合は
別シートにリンク張って全角変換が最速でしょうか?
また、半角スペースがあったら、スペースも全角にする方法はあるでしょうか?
VBAでコードあればご提供願います

アンサー

一例です。
シート内で変換していますので、対象シートを別シートにコピーしてから実行してください。
Sub sample()
Dim r As Range, ed As String
Set r = CellsFind(“*”)
If r Is Nothing Then Exit Sub
ApplicationScreenUpdating = False
ed = rAddress
Do
r = StrConv(r, vbWide)
Set r = CellsFindNext(r)
Loop Until rAddress = ed
End Sub


質問タグ:全角,半角,シート,JIS関数,半角スペース,Dim r As Range,Cells.FindNext

コメント