仮性包茎の治療について 包茎についてネットで調べても矛盾が多く、分

仮性包茎の治療について
包茎についてネットで調べても矛盾が多く、分かりづらかったため質問します。 現在ノーマルな仮性包茎です
かなり皮が伸びていますが、幸運なことに僕のペニスは大き目のようで、通常時は尿道が十分に見えるくらい剥けています
勃起時は、手は使いますが力を入れて勢いを付けると剥け切ります
そして勃起後ですが、何もしなければカリに引っかからず、元にもどってしまいます。。
これはどうするべきでしょうか?
剥きぐせをつけたら包茎は治るのでしょうか?剥きぐせをつける良い方法があったら教えてください。
あと他にも効果的な包茎の自宅治療法があれば教えてください。できればモノ自体を大きくできればうれしいです。
回答をお待ちしております。



剥き癖だけをつけても包茎を矯正することはできません。
余った包皮が消えてなくなることはありませんからね。
真性包茎(亀頭が全く露出しない)・仮性包茎(包皮輪狭窄タイプも含む)・短小は自宅でのトレーニングで誰にでも安全に矯正できます。
危険が伴う包茎手術、また包皮をユルユルにするだけの矯正器具など一切不要です。もちろんサプリも服用しません。
泌尿器科医が監修し、専門家によって作成された包茎短小自己矯正トレーニング公式プログラムがWEB上で公開されており、高い評価を得ています。
—————————————-
★Yahoo、Googleで検索
↓ ↓ ↓
包茎短小から露茎増大へ
—————————————-
週に3~4日、3カ月~4ヶ月の自宅トレーニングで誰もが理想のペニスに矯正することができます。
2012年に公開して現在までに4000人以上の悩める男性を救ってきた実績があります。
包茎特有のあのニオイ、恥垢、早漏、亀頭包皮炎から完全に決別です。
何よりも堂々と銭湯や温泉、風俗店に行けますね!優越感に浸れます。
このトレーニングプログラムの主目的は「ペニスを長く・太くすること」です。
その前にスムーズに亀頭を露出できるよう、ペニスを固く締め付けている包皮を形成しているコレス筋膜という筋組織の弛緩ストレッチから始めます。
真性包茎、包皮輪狭窄性仮性包茎(重め)の人は、まずこの弛緩ストレッチに集中します。プログラム通りのペースを守って、オーバーワークをしないよう注意が必要です。
1ヶ月~2ヶ月で手を使って亀頭を全露出できるようになります。その後、増大プログラムのプロセスに入ります。
仮性包茎の人は包皮弛緩プログラムとペニス増大、亀頭増大プログラムを並行して行います。
増大プログラムは包皮によって成長を阻害されてきたペニスを本来の姿に戻すだけです。(主に靭帯弛緩ストレッチ)
このプログラムによって誰でも3cm~5cm長くなり、外周も2cm~4cm大きくなります。
■包茎手術について
包茎手術は環状切開術が一般的ですが、自由診療の包茎専門クリニックでは亀頭直下埋没法という術法がメインになっています。手術痕が比較的目立ちにくいということで積極的に薦めています。
ただし、料金も嵩みます。
いずれにしても余分な包皮を切除する手術ですが、この術法では包皮内板を切除してしまいますので、脳に快感を伝達する機能も同時に失われます。
つまりセックスやオナニーでの快感が激減する、ということなのです。射精コントロールが不能になりますので、意に反して射精することが多々あり、早漏が加速してという例も珍しくありません。
また、ほんの少しでも切開縫合のミスがあると、変形、勃起不全、勃起時激痛などの後遺症を発症します。
近年、泌尿器科では緊急性がない場合は殆ど手術は行っていません。あまりにもこのようなリスクが著しいからです。
包茎に手術は不要です。あえて危険な矯正法を選択する必要はありません。
■亀頭増大術・長茎術について
亀頭増大術は、亀頭に無害なヒアルロンサン系の薬剤を注入して膨らませる方法です。高額で大きさを維持するためには定期的な注入が必要です。
薬剤など不要です。亀頭は正しいトレーニングで確実に大きくなります。
長茎術は恥骨とペニスをつないでいる靭帯を切断し本体を表面に引き出す方法です。勃起不全の可能性大です。
ペニスは正しい靭帯弛緩トレーニングで確実に長くなります。
■包茎矯正器具
包皮を緩め、剥き癖をつけるための器具が大量に出回ってしますが、包皮を緩めただけでは包茎は矯正できません。余った包皮が消えてなくなることはありませんからね。
また、包茎の人がいきなり長時間亀頭を露出させると、浮腫や炎症を発生させることがあり、それがもとで感染症を引き起こすこともありますので、要注意。
矯正器具も不要です。
■サプリ
包茎を矯正するサプリ・ペニスを大きくするサプリ・・現在世の名に存在していません。もしあるとすれば大手製薬会社が黙って見ているはずがありません。
◎刺激痛(亀頭に何かが触れた際に感じるくすぐったいような不快な痛み)について
包茎特有の痛みです。
普段亀頭が外気に触れていないため、表面が薄い粘膜状になっています。そのため何かが触れると、ほぼ神経直接触れたのと感覚があります。
包茎である以上、付き合っていかなくてはならないデメリットです。包茎手術のようにいきなり亀頭が露出するのではなく、トレーニングによる矯正では、段階を踏んで徐々に亀頭が露出していきますので、殆ど痛みを感じることなく露茎になります。
ドイツ医学誌に「ペニスは露茎が望ましい」という論文があります。割礼や手術を勧めるものではなく、幼児期に親から包皮を剥く癖をつけられた子は99%思春期には露茎になるということです。
また成人になってもトレーニングなどで露茎にする努力をすべきであるとされています。
確かに包茎はデメリットこそあれ、メリットはありません。
包茎が気になるのなら、コンプレックスであるのなら是非安全かつ確実なトレーニングで包茎を矯正して、人生観を変えましょう!
>>Yahoo、Googleで検索して、包茎・短小の悩みをすっきり解消しましょう!!
検索ワード↓
包茎短小から露茎増大へ
◆剥けていてりっぱにこしたことはありませんが、仮性包茎で勃起時にきちんと剥けるのなら何の心配もないし、きちんと清潔にしていればいいと思います。
SEXのときは女性のメンタルな部分をリードすれば相手は感じてくれるし性欲発散の一方的なSEXには女性は痛がるだけだし行ってはくれません。巨根のAVをみるとやはり多きほうがいいのかなと思うこともありますが、小さいちんこでも勃起していることは大変なことです。心臓がフル稼働しないといけないわけですから、巨根を硬く勃起状態にするには相当心臓が強くなければいけないと思います。体力をつけるためにジムにでも通ってはいかがでしょうか。
◆40代の仮性包茎の男です。
手でスムーズにめくったり戻したりできれば、仮性包茎です。
ただし、仮性包茎は、いわゆる「包茎」ではありません。
誰でも切り取ってしまわない限り包皮があるのが普通です。
亀頭が大きな人ならめくったままにできるかもしれませんが、
自然とそうなる人は、実際にはほんのわずかしかいません。
それも、ごく軽微な嵌頓包茎(包皮輪狭窄)と言える状態です。
そういう意味で、仮性包茎も含めて、包皮の被り具合に
個人差があるという程度のことでしかありません。
仮性包茎の場合、呼び方や分類の仕方に問題があるだけで、
清潔にしていれば、そのままで十分に大人です。
病気でも異常でもないので、治すというものでもありません。
あとは、ご自身の意識次第です。
亀頭の成長を期待してとか、蒸れて臭うのを防ぐためとか、
なるべくめくっておく理由も考えられますが、
必ずしもめくったままになるのが正しいわけではありません。
もし気になるのでしたら、僕の知恵ノートを参考にして、
見栄剥きという方法を試してみてはどうかと思います。
◆太過ぎ長過ぎも、使い勝手が悪くコンプレックスになりますよ(笑)
「包茎ビジネス」って検索されてみて下さい


コメント