【2018年最新】「新潮45」休刊声明の嘘!杉田水脈擁護、LGBT差別は「編集部」でなく…

【2018年最新】「新潮45」休刊声明の嘘!杉田水脈擁護、LGBT差別は「編集部」でなく…

「新潮45」休刊声明の嘘!杉田水脈擁護、LGBT差別は「編集部」でなく…

「新潮45」休刊声明の嘘!杉田水脈擁護、LGBT差別は「編集部」でなく「取締役」がGOを出していた=どう思いますか? s://lite-racom/2018/09/post-4277html
20180926
昨日夕方、新潮社が「新潮45」を休刊にすると発表した。これはもちろん、同誌10月号に掲載された、右派論客らによる杉田水脈衆院議員擁護特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」をめぐって下された決定だ。周知のように、この特集のなかで、安倍首相のブレーンである自称文芸評論家・小川榮太郎が、「LGBTを認めるなら、痴漢の触る権利も保障せよ」というとんでもない差別的文章を掲載し、これについて、各方面から厳しい批判が寄せられていた
それは、同社と縁の深い作家や書店も例外ではなかった。『俺俺』など何作も同社から出版し新潮新人賞の選考委員を務めたこともある星野智幸は〈社員や書き手や読者が恥ずかしい、関わりたくない、と思わせるような差別の宣伝媒体を、会社として野放しにするべきではない〉と指摘し、「新潮」に掲載された「日蝕」で芥川賞を受賞し、多数の著書を同社から出している平野啓一郎も〈どうしてあんな低劣な差別に荷担するのか〉と批判。そのほかにも複数の作家や翻訳家らから「新潮社の仕事はしない」という表明が相次ぐ事態となっており、同社の書籍の取り扱いを拒否する書店も出ていた
そんななか、21日に佐藤隆信社長が声明文を出し、昨日とうとう休刊発表となったわけだ。しかし、これは、新潮社がグロテスクな差別を掲載した自社の責任に向き合った結果ではない
実際、新潮社がLGBT差別についてまったく反省していなかったことは、これまでの動きを見れば明らかだ。今回、新潮社は「新潮45」休刊の発表に際して、こんな談話を
〈ここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します。
会社として十分な編集体制を整備しないまま「新潮45」の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました。〉
また、昨日夜の新潮社の広報担当役員の会見でも、該当号が役員らに配布されたのは発売当日朝だったと説明
編集部のずさんな体制、不備が招いたものだとすべての責任を編集部に押し付けたわけだが、実際はそうではない。10月号の杉田水脈擁護特集は、編集部レベルの判断でなく、担当取締役がお墨付きを与え、原稿もチェックしていたのだ。新潮社社員がこう証言
「実は、『新潮45』の若杉良作編集長は、もともとオカルト雑誌『ムー』の編集者で、右派思想の持ち主でもなんでもない。押しが強いわけでもなく、上の命令に従順に従うタイプ。最近のネトウヨ路線も、売れ行き不振の挽回策として、担当取締役の酒井逸史氏から命じられていた感じだった。酒井取締役は元『週刊新潮』の編集長でイケイケタイプですからね。10月号の擁護特集も酒井取締役が事前にGOを出している。会社は役員が読んだのは発売当日になってからという意味のことを言っていたが、そんなわけがない。少なくとも酒井取締役は事前にゲラも読んでいると思いますよ。それどころか、『ここで反論すれば売れる』と企画そのものを焚きつけた可能性もある」
取締役の関与を証言しているのは、この社員だけではない。昨日の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)でも、「新潮社の現役社員」の話として、「編集長、編集部のトップよりもさらに上の担当役員レベルのGOサインがあった」という情報を紹介
いずれにしても、10月号のグロテスクな差別記事は、「編集部の不備」でもなんでもなく、取締役レベルで決定した確信犯的企画だったということらしい
新潮社の社長声明はたんに「作家への対応」にすぎなかった
しかも、「新潮45」10月号が発売され、批判が高まった直後も、上層部はまだ強硬姿勢を崩していなかった。たとえば、新潮社のSNS公式カウントのひとつ「新潮社出版部文芸」が、「新潮45」や新潮社を批判するツイートを次々とリツイートしたことが話題になったが、実は新潮社上層部は当初、これを削除させようとしていた
先日、AbemaTV『AbemaPrime』の取材に匿名で応じた新潮社の編集者がこう証言
「朝いちばんに役員が編集部に来て『ツイートをやめさせろ』と言ったのですが、誰がツイートしているのかわからないので、できなかった」
新潮社は「新潮社出版部文芸」のツイートについて、〈各部署、社員の個人の意見表明に関して言論統制のようなことは従来より一切行っておりません〉などと表明していたが、真っ赤な嘘
安易に売れ筋のヘイト本に群がり、その結果、差別や排外主義を蔓延させている
転載(抜粋)

アンサー

まあ当の編集長にとっては、「上層部の期待に応えようと張り切って紙面づくりをしていたつもりだったが、突然はしごを外された」と感じているかもしれませんね。
◆ご回答戴き有難うございます。
おっしゃる通りだと思います。
経営陣は責任を全て現場に押し付けていると思います。
◆新潮社に対するヘイト活動する偽善的作家やグループにウンザリです。中国共産党と同じ。小川榮太郎さんと松浦大悟さん、AbemaTVで反論してますよ。⤵
s://smphnewscafenejp/comment_read/2258314/
◆それだったら、それだけの事。
結果として、新潮45は釣り上げられ廃刊に至った。
ヘイト本云々とリテラが言っているが、内容はともかく釣り上げられたら廃刊になるということを理解しているのだろうか。
自分たちは正しいから廃刊にならないとか、休載にならないとかはまったくの思い込みですよ。
言論をうたう本が、言論によって潰された悪しき前例となっている気がしてならない。
LGBTの案件云々ではなく、出版業界マスコミ等の危機的な状況ではないだろうか。
◆あの記事ってLGBT差別の記事だったのか?
そこばかりに税金をまわすのではなく、普通の人々にも税金をまわすべきだっていう内容じゃなかったか?
まったく、あの記事への批判の9割は恣意的な捏造だと思うけれどね。
そもそも、デモやってる連中、あの記事読んでねえだろ。


質問タグ:杉田水脈,新潮社,杉田水脈擁護,酒井逸史,休刊,松浦大悟,小川榮太郎

【ビックリ】神道の信者の人は何をどのように信じているのか さっぱり分かりません…

神道の信者の人は何をどのように信じているのか さっぱり分かりません…

神道の信者の人は何をどのように信じているのか
さっぱり分かりません。
私は日本人ですが、一度も神社に行ったことがありません。
参拝される信者が祈っている神さま?は誰なのでしょう? 一体何をどのように信じているのでしょうか?
それを信じていると天国や極楽に行ったり、
信じなければ地獄に堕ちたり、
おろそかにすると罰が当たるというようなこと
でしょうか?

神道とは、日本の土着信仰です
統一もされておらず、神社や祭神の数だけ異なる信仰が存在する状態です...アンサー

神道とは、日本の土着信仰です
統一もされておらず、神社や祭神の数だけ異なる信仰が存在する状態です
聖典・教義・戒律など基本的なものが一切なく、中身は空っぽです
神道という宗教があるわけではなく、無数にある土俗信仰を纏めて神道と呼んでいるだけです
インドや、アフリカや中南米の土俗信仰と同じレベルであり、単に日本で信仰されている状態を神道と呼んでいるだけです
つまり写真と神道は同じです
神の定義もありませんので、てんでバラバラ
主な神としては
1神話上の神(日本書紀や古事記)
天照大神や須佐之男命、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)など
2他宗教の神
弁財天や大黒天、毘沙門天、牛頭天王、第六天魔王など
仏教、道教、ヒンズー教、一神教系(実質ユダヤ教・キリスト教と思しきもの)も見られます
3天皇
天皇(上皇)は死後神性を持つとされています。
逆に恨みを持ってなくなると、大魔王です
崇徳上皇が史上最大の魔王であり、鎮める為、金刀比羅宮の相殿(副祭神)です
4武将や人
平将門・菅原道真など。
僧侶も祭神として祀られてます
道祖神は、名もなきご先祖です
靖国神社/護国神社のように戦死者・戦争犠牲者を祭神とする例もあります
5外国人
百済王や高句麗王族、フル/フツ(朝鮮固有の先祖神)=布都御魂(ふつみたま)・経津主神(ふつぬしのかみ)。つまり、石上神宮・鹿島神宮・香取神宮・春日大社などの神であり、実は朝鮮半島の先祖神信仰です
6自然霊
龍や蛇・狐・狸・天狗など人としての過去生をもたないもの
7自然神=アニミズム
自然を神格化したもの
8物品に宿る神=一部はアニミズム
石や剣などに宿る神
9性器信仰
東アジアの土着信仰として見られる
人の強い精力を見せつけて、悪霊を寄せ付け無いという意味もあり、東南アジアの村の入口には性器の模型がよく置かれる
インドなどでも土着の男性器(リンガ)信仰が強く、シバ神の象徴でもある
以上のように、日本の神社の祭神は、記紀(古事記・日本書紀)の神々だけではないのですね
八百万(やおよろず)の神と言いますが、沢山居る神と言う意味です
それらの祭神が祀られている理由も様々です
1)自然などへの畏れの念から、神格化して感謝を捧げたり、猛威を鎮めるために祀る
治水や、農作物の収穫に対する祈りと感謝、雨乞いなどもあります
2)故人を偲んで祀る、怨念を封じ込める
特に先祖神や一族の守護神の場合「氏神」として守護を願って重視します
戦国武将や公家などが多く、中には怨念を封じるために祀っているケースもあります
古代には渡来人が多く、有力豪族は多くが渡来人であり、半島や大陸の先祖神や守護神を祀ってました
京都の八坂神社は、高句麗の調進副使・伊利之使主(いりしおみ)が、新羅の白頭山に祀られる祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)を守護するという牛頭天王(ごずてんのう)を祀った祇園社が始まりです
明治政府が仏教系だとして嫌い、祭神・社名を変更させてますが、未だに祇園祭は、京都最大のお祭りです
3)天皇は天照大神の末裔であり、神性を持ちます
故に祀って、国家の守護や、一般人の雑多な願いの対象とします
恨みを持って亡くなった天皇は大魔王とされるため、恐れられ、鎮める目的で特に念入りにお祀りされました
保元の乱で讃岐に流されて亡くなった崇徳上皇(天皇)は、自分の血で書いた般若心経を京に送りつけ、呪詛の言葉を吐いたため、最大の魔王として恐れられました
4)国家や首都の守護のために祀った
鬼門とされる丑寅の方角に建立したケースが多いです
又、神社の特徴として、龍神と弁財天がセットになっていることが多いです
どちらも神使は白蛇(白巳大神)です
更に、神仏習合や神仏混合(混淆)の影響が仏寺に残ってます
日蓮宗や日蓮正宗などを除いて、寺の境内には神社があることが多いです
八幡宮、天満宮、熊野神社、八大龍王社、善女龍王社、稲荷神社、祖霊舎(関係者を祀る)など
それら神社は、境内社といい、僧侶が管理・拝礼してます
また、寺が独立した神社を所有しているケースも多く、寺院が神社を運営してます
では、人々は何のために神社に参拝するか?
これはもう、圧倒的に「ご利益参拝」です
現世利益を願って、祈願するために参拝している人がほとんどです
宗教としての中身が無いので、無条件に何でも叶えられると信じている人が多く、現世利益を祈願してます。
この祈願する現世利益を、ご利益(ごりやく)と言います
戦勝、受験、就職、金運、縁結び、子宝、交通安全、傷病治癒など
七五三なども子供にご利益があって無事成長するようにという御利益参拝です
>それを信じていると天国や極楽に行ったり、
>信じなければ地獄に堕ちたり、
神道に天国・地獄の概念はありません
この世とあの世だけです
>おろそかにすると罰が当たるというようなことでしょうか?
一部ではそのようなことも言いますが、その場合は大抵自然霊です
龍や稲荷(特に狐の印象が強い)、眷属(神の使いなど)など
◆神道とは太古の昔に地球外知的生命体が地球人に説いた宇宙の真理。彼等が地球を去った後、彼等に成り代わりたいと欲望を抱いた人間が、同じ人間に教え広めたのが宗教。神道は宇宙の真理への「道」。宗教は真理を人間が人間へ伝えた「教え」。よって神道には宗教の様な教祖、教典、教義はありません。キリスト、釈迦、マホメット達も神道を理解し、宇宙の真理を伝えたのですが、それ以後の人間が都合よく書き換え、人間を支配する手段に利用した。未だに戦争に利用されている。神社の境内は丸い鏡が鎮座しています。人の形をした像はありません。鏡=かがみ=かみの間にある「が」=我=自分。神は自身の中にある魂を示します。魂は宇宙の創造主の分身。神社は鏡に写る自分自身の命=神に感謝する場。神道と呼ばれるように成ったのは、仏教が入ってきてから区別するために呼ばれる様になった。同じ人間を神に祭り、他人を崇め尊敬しなさいと教える宗教とは違い、神道の神は自分自身の中にいる命。自分自身を敬い神への道を歩みなさいと説いているのが神道。ちなみに伊勢神宮に祭られている最高神である天照は天の川銀河系の司令官の役職名。天皇は地球の司令官の役職名で天照の部下にあたる。宗教や神道を名乗った宗教団体とは別物で次元が違います。神道では全ての者が神であり、信者などおりません。
◆元々は村人が神社で春に豊作を祈って
秋に収穫を感謝する祭りを行ったのが神道でした
神社ごとに水の神様とか太陽の神様とかいろいろあります
稲荷神社は稲の神様ですね
やがて八幡神社のように天皇を神様のように祀って
国家宗教のようになっていきました
◆地域や神社によりますから地元の神社の宮司さんに聞いた方が早いですよ。
◆神道の神様は神社ごとに違うと考えてよいくらい
沢山あります。
また天国や地獄もないとされます。
なお、落語にあるように「神社で立小便してバチがあたる」というようなことも
あるでしょうが、これは寺も同じでしょう。
◆未来投資ね。これなら投資!!!
ビル街の一角の気の流れのいい場所に
ポケモンセンターみたいに人の気持ちと幽霊を扱う複合施設が。
今でいう教会とか精神科とかが統合した
とにかく人の心を優しく扱う複合施設。
センターの祈る場所の向こうは四次元ポケットみたいな
大きな亜空間があって幽霊たちはみんなそこで休む。
実はもう部分的に実用化されてたらいいのに。
スーパーコンピューターAIって霊体で動いてたらなー。
それが未来ではさらに宇宙に近付いて
すごい便利で快適な世の中になるといいね。(^―^)b


質問タグ:神道,信者,ポケモンセンター,アニミズム,極楽,八幡神社,熊野神社

【2018年度】神道の信者の人は何をどのように信じているのか さっぱり分かりません…

神道の信者の人は何をどのように信じているのか さっぱり分かりません…

神道の信者の人は何をどのように信じているのか
さっぱり分かりません。
私は日本人ですが、一度も神社に行ったことがありません。
参拝される信者が祈っている神さま?は誰なのでしょう? 一体何をどのように信じているのでしょうか?
それを信じていると天国や極楽に行ったり、
信じなければ地獄に堕ちたり、
おろそかにすると罰が当たるというようなこと
でしょうか?

神道とは、日本の土着信仰です
統一もされておらず、神社や祭神の数だけ異なる信仰が存在する状態です...アンサー

神道とは、日本の土着信仰です
統一もされておらず、神社や祭神の数だけ異なる信仰が存在する状態です
聖典・教義・戒律など基本的なものが一切なく、中身は空っぽです
神道という宗教があるわけではなく、無数にある土俗信仰を纏めて神道と呼んでいるだけです
インドや、アフリカや中南米の土俗信仰と同じレベルであり、単に日本で信仰されている状態を神道と呼んでいるだけです
つまり写真と神道は同じです
神の定義もありませんので、てんでバラバラ
主な神としては
1神話上の神(日本書紀や古事記)
天照大神や須佐之男命、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)など
2他宗教の神
弁財天や大黒天、毘沙門天、牛頭天王、第六天魔王など
仏教、道教、ヒンズー教、一神教系(実質ユダヤ教・キリスト教と思しきもの)も見られます
3天皇
天皇(上皇)は死後神性を持つとされています。
逆に恨みを持ってなくなると、大魔王です
崇徳上皇が史上最大の魔王であり、鎮める為、金刀比羅宮の相殿(副祭神)です
4武将や人
平将門・菅原道真など。
僧侶も祭神として祀られてます
道祖神は、名もなきご先祖です
靖国神社/護国神社のように戦死者・戦争犠牲者を祭神とする例もあります
5外国人
百済王や高句麗王族、フル/フツ(朝鮮固有の先祖神)=布都御魂(ふつみたま)・経津主神(ふつぬしのかみ)。つまり、石上神宮・鹿島神宮・香取神宮・春日大社などの神であり、実は朝鮮半島の先祖神信仰です
6自然霊
龍や蛇・狐・狸・天狗など人としての過去生をもたないもの
7自然神=アニミズム
自然を神格化したもの
8物品に宿る神=一部はアニミズム
石や剣などに宿る神
9性器信仰
東アジアの土着信仰として見られる
人の強い精力を見せつけて、悪霊を寄せ付け無いという意味もあり、東南アジアの村の入口には性器の模型がよく置かれる
インドなどでも土着の男性器(リンガ)信仰が強く、シバ神の象徴でもある
以上のように、日本の神社の祭神は、記紀(古事記・日本書紀)の神々だけではないのですね
八百万(やおよろず)の神と言いますが、沢山居る神と言う意味です
それらの祭神が祀られている理由も様々です
1)自然などへの畏れの念から、神格化して感謝を捧げたり、猛威を鎮めるために祀る
治水や、農作物の収穫に対する祈りと感謝、雨乞いなどもあります
2)故人を偲んで祀る、怨念を封じ込める
特に先祖神や一族の守護神の場合「氏神」として守護を願って重視します
戦国武将や公家などが多く、中には怨念を封じるために祀っているケースもあります
古代には渡来人が多く、有力豪族は多くが渡来人であり、半島や大陸の先祖神や守護神を祀ってました
京都の八坂神社は、高句麗の調進副使・伊利之使主(いりしおみ)が、新羅の白頭山に祀られる祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)を守護するという牛頭天王(ごずてんのう)を祀った祇園社が始まりです
明治政府が仏教系だとして嫌い、祭神・社名を変更させてますが、未だに祇園祭は、京都最大のお祭りです
3)天皇は天照大神の末裔であり、神性を持ちます
故に祀って、国家の守護や、一般人の雑多な願いの対象とします
恨みを持って亡くなった天皇は大魔王とされるため、恐れられ、鎮める目的で特に念入りにお祀りされました
保元の乱で讃岐に流されて亡くなった崇徳上皇(天皇)は、自分の血で書いた般若心経を京に送りつけ、呪詛の言葉を吐いたため、最大の魔王として恐れられました
4)国家や首都の守護のために祀った
鬼門とされる丑寅の方角に建立したケースが多いです
又、神社の特徴として、龍神と弁財天がセットになっていることが多いです
どちらも神使は白蛇(白巳大神)です
更に、神仏習合や神仏混合(混淆)の影響が仏寺に残ってます
日蓮宗や日蓮正宗などを除いて、寺の境内には神社があることが多いです
八幡宮、天満宮、熊野神社、八大龍王社、善女龍王社、稲荷神社、祖霊舎(関係者を祀る)など
それら神社は、境内社といい、僧侶が管理・拝礼してます
また、寺が独立した神社を所有しているケースも多く、寺院が神社を運営してます
では、人々は何のために神社に参拝するか?
これはもう、圧倒的に「ご利益参拝」です
現世利益を願って、祈願するために参拝している人がほとんどです
宗教としての中身が無いので、無条件に何でも叶えられると信じている人が多く、現世利益を祈願してます。
この祈願する現世利益を、ご利益(ごりやく)と言います
戦勝、受験、就職、金運、縁結び、子宝、交通安全、傷病治癒など
七五三なども子供にご利益があって無事成長するようにという御利益参拝です
>それを信じていると天国や極楽に行ったり、
>信じなければ地獄に堕ちたり、
神道に天国・地獄の概念はありません
この世とあの世だけです
>おろそかにすると罰が当たるというようなことでしょうか?
一部ではそのようなことも言いますが、その場合は大抵自然霊です
龍や稲荷(特に狐の印象が強い)、眷属(神の使いなど)など
◆神道とは太古の昔に地球外知的生命体が地球人に説いた宇宙の真理。彼等が地球を去った後、彼等に成り代わりたいと欲望を抱いた人間が、同じ人間に教え広めたのが宗教。神道は宇宙の真理への「道」。宗教は真理を人間が人間へ伝えた「教え」。よって神道には宗教の様な教祖、教典、教義はありません。キリスト、釈迦、マホメット達も神道を理解し、宇宙の真理を伝えたのですが、それ以後の人間が都合よく書き換え、人間を支配する手段に利用した。未だに戦争に利用されている。神社の境内は丸い鏡が鎮座しています。人の形をした像はありません。鏡=かがみ=かみの間にある「が」=我=自分。神は自身の中にある魂を示します。魂は宇宙の創造主の分身。神社は鏡に写る自分自身の命=神に感謝する場。神道と呼ばれるように成ったのは、仏教が入ってきてから区別するために呼ばれる様になった。同じ人間を神に祭り、他人を崇め尊敬しなさいと教える宗教とは違い、神道の神は自分自身の中にいる命。自分自身を敬い神への道を歩みなさいと説いているのが神道。ちなみに伊勢神宮に祭られている最高神である天照は天の川銀河系の司令官の役職名。天皇は地球の司令官の役職名で天照の部下にあたる。宗教や神道を名乗った宗教団体とは別物で次元が違います。神道では全ての者が神であり、信者などおりません。
◆元々は村人が神社で春に豊作を祈って
秋に収穫を感謝する祭りを行ったのが神道でした
神社ごとに水の神様とか太陽の神様とかいろいろあります
稲荷神社は稲の神様ですね
やがて八幡神社のように天皇を神様のように祀って
国家宗教のようになっていきました
◆地域や神社によりますから地元の神社の宮司さんに聞いた方が早いですよ。
◆神道の神様は神社ごとに違うと考えてよいくらい
沢山あります。
また天国や地獄もないとされます。
なお、落語にあるように「神社で立小便してバチがあたる」というようなことも
あるでしょうが、これは寺も同じでしょう。
◆未来投資ね。これなら投資!!!
ビル街の一角の気の流れのいい場所に
ポケモンセンターみたいに人の気持ちと幽霊を扱う複合施設が。
今でいう教会とか精神科とかが統合した
とにかく人の心を優しく扱う複合施設。
センターの祈る場所の向こうは四次元ポケットみたいな
大きな亜空間があって幽霊たちはみんなそこで休む。
実はもう部分的に実用化されてたらいいのに。
スーパーコンピューターAIって霊体で動いてたらなー。
それが未来ではさらに宇宙に近付いて
すごい便利で快適な世の中になるといいね。(^―^)b


質問タグ:神道,信者,ポケモンセンター,アニミズム,極楽,八幡神社,熊野神社

コメント