【急募】邪馬台国はどこにあるのか?という謎は未だに解決しておらず、毎年さ…

【急募】邪馬台国はどこにあるのか?という謎は未だに解決しておらず、毎年さ…

邪馬台国はどこにあるのか?という謎は未だに解決しておらず、毎年さ…

邪馬台国はどこにあるのか?という謎は未だに解決しておらず、毎年さまざまな説が浮上します。 そこで、みなさんなりの邪馬台国はここにあるのではないかという推測を聞きたいです。その考えの根拠とともに。
最も根拠があり説得力のある方に100コインを差し上げます。

アンサー

邪馬台国は、三国志を書いた陳寿の頭の中にのみ存在します。
と言ったら正確ではないな。陳寿編集長はたぶん東夷伝の倭国の項なんて隅っこのほうまで執筆してないだろうから。
「三国志」の編集スタッフは、自分で倭国まで行ったわけではもちろんなく、魏の時代の役人が残した報告書の内容をそのまんま転載しただけでしょう。その報告書を書いた人間だって、ホントに「邪馬台国」まで行って帰ってきたのか、わかったもんじゃない。なぜなら書いてある行程とかが矛盾だらけだし、描かれている風俗も「コレほんとに日本?」みたいな話が多い。
こりゃ、魏の使者、「邪馬台国」まで行ってないな。実際のところ。使者が「こうです」って言ってた話を、そのまんま書いただけだな。
だから、魏志倭人伝に書いてある話は、全部ホラかも知れない。邪馬台国なんてものは、実在していないのかも知れない。魏は、倭国まで勢力を伸ばしていたんだぞっていう単なるハッタリかも知れない。そういう公算は小さくないですよ。
まあ、そう言ったら身も蓋もないですから、ここは「邪馬台国は実在したとしても、魏志倭人伝の記述は頭から信用しないほうがいい」とだけ言っておきましょう。
それは、この魏志倭人伝という記録が「なんのために書かれたか」という、作者の意図を読むことが必要だ、ということです。
魏志は、言わずと知れた「三国志」に出てくる魏・呉・蜀のひとつ,魏の歴史をまとめた書物です。三国志の当時、中国北部を押さえながら、南の呉や蜀と熾烈な勢力争いをしていた魏は、「ウチは周囲の蛮族をも、いっぱい配下に収めてるんだぞ」と、なるべく自分を大きく見せようと宣伝にいそしんでいた。東方の倭国もしかりです。「邪馬台国」という巨大な勢力を魏は支配下におさめているんだ、どうだ参ったか、という「魏」の宣伝文句が、のちにまとめられたのが、いわゆる魏志倭人伝です。
ですから、そこに書かれている国の数や規模、距離や方角などに、誇張や操作があるだろうことは想像に固くありません。ここに書かれた邪馬台国への里程、「南に水行十日、陸行一月」なんてのをバカ正直に辿っていけば、自然に沖縄から台湾を超えてヘタすればベトナムあたりまで達しかねない。つまり、南方の「呉」を大きく包囲する巨大勢力が、魏の配下についてるんだぞ、ということになるわけです。
昔から中国人は「白髪三千丈」といいます。東の邪馬台国に派遣されて帰ってきた使者が。距離や規模をホラ吹いて大袈裟に報告した、それを魏の政府はウソを承知で記録した、のちにそれが歴史書に残った、そういうことでしょう。
だから、魏志倭人伝も邪馬台国も「壮大なフィクションの産物」と言って言えなくもないのです。少なくとも、あそこに書かれていることを頭から信じれば、邪馬台国が日本国内に納まらないのは事実です。それに踊らされて「邪馬台国はベトナムだ、インドネシアだ、いやオーストラリアかも知れない」となんていう楽しい想像をめぐらす人がいても、まあ結構なことではありますが。
邪馬台国は、「魏」をバックにしていた。ということは、その南にあって敵対している狗奴国というのは「呉」をバックにしないと、対当に張り合うことはできません。記録に残っていないというだけで、狗奴国が呉に朝貢していてもおかしくありません。そのルートは当然、琉球の島伝いに江南へ、ということになります。であれば、邪馬台国は北九州、狗奴国は南九州でなければ理屈に合わない。
だいたい、朝鮮半島から北九州に上陸した魏の使節は、そのへんの国をひとつづつチョコマカ訪問したあと、なんで間を全部すっとばしてドーンと畿内まで行ってしまうのか。邪馬台国が北九州から畿内までを支配していた大国家なら、その南の狗奴国は熊野の山岳ゲリラみたいなもんになるんでしょうけど、それがどうして邪馬台国と対当に張り合えたのか。いろいろ、理屈に合いません。
考古学的に、いくら畿内からモノが出ても、そこに邪馬台国とは書いてないんだから、それは「別モノ」です。魏志倭人伝にも「邪馬台国から海を渡った東には、また別の倭人の国がある」って、ちゃんと書いてあるじゃないですか。当時、畿内におっきな国があったのは事実としても、それは邪馬台国とは別物です。
◆日本の各地にあったんじゃないでしょうか。
現代の日本人の感覚では理解できないかもしれませんが、少し前に中国が外国のものを平気でパクってたように。
例えばこんな会話が成立していたかも・・・
山を2つ越えたとこの奴等が海を渡って何かいい物もらってきたらしいぞ
ならば、自分らも同じ名前の国にしたらかっこいんじゃね?更に女の巫女をおいたら同じようにでっかい国になるかもな。よし早速、王に提案してみよう みたいな。
◆古代中国といっても、とっくに『中世』くらいの文化レベルにあった「三国時代」の「正史」を、きちんと読み解く力のない人間がとやかく言うのもどうなのでしょう?我が国には同時代の「史書」が現存されていないみたいなのです。
20年近く前のことでしょうか「旧石器時代の遺物だ!」といって、こっそりポケットに忍ばせた、自作または別の遺跡からの持ち出し品を、発掘現場のむき出しになった「昔の表土」へぐりぐりと無理やり埋め込んだ『権威』の話がありました。
その「権威」は「何年何月何処製」と書いていない「旧石器」を、自分の都合のいいように『50万年前のモノ』とか言いだしちゃいました。「おお、それはすごい!」と日本中で大はしゃぎしました。地元でも「○○原人」グッズを販売する盛り上がりようでした。
残念ながら、日本の考古学の実力はこの程度です。客観的な記録がないおかげで「権威」が好き勝手な持論を展開できるのです。
「邪馬台国論争」がそもそも、文字文化が発達していなかった時代の国内の出土品に「ブランド価値」を与えるだけの「非科学的論争」で「商業的考古学」とでもいった様相なんですよね。
たった、千何百年か前の出来事で、シナ人やコーカソイドがしっかりと「客観的な文字媒体」により正確に記録を伝達していた時代の話を、学会がワイドショー並みに「あーでもない、こーでもない」と、適当に持論を展開している様なんです。
「邪馬台国」とか「卑弥呼」とか書いてある物品でも出土させて決着を着ければいいんです。
あまたある「出土品」を、自分たちの都合のいいように解釈して「ここが邪馬台国です」といいあっています。
◆纏向遺跡の遺構が卑弥呼と同時代であるという発表が出て
近年の学界では「畿内説」が優勢になりつつあります。
一方、在野の研究者やマニアの間では相変わらず
「九州説」の方が盛んに支持されています。
これを専門家の方が優れていると判断するのは早計です。
どんな分野でもアマチュアがプロを凌ぐことは往々にしてあります。
スポーツ記者よりも知識・分析力で上回るファンはごまんといますし、
専門教育を受けた学校教諭より我流の塾講師の方が大抵上手です。
残念ながら、歴史の研究者というのは研究対象が細分化され過ぎて
幅広い知見やバランス感覚に乏しい専門家が多いものです。
邪馬台国論争には『中国正史(魏志倭人伝以外も含む)』『記紀』神話
『考古学』『地方伝承』等を網羅する必要があり、
実は学閥や権威、論文に縛られがちな専門家より
フットワークの軽い在野の研究者の方が有利と言えましょう。
また、元々邪馬台国論争は「九州説」を支持する主流派の東大学閥に対し
戦後になって京大学閥が「畿内説」をぶち上げたことで激化したように、
科学的検証を度外視した派閥争いを孕んでいることには要注意です。
学界で「畿内説」が優勢になった根拠である纏向遺跡の年代ですが、
用いられている「炭素14年代測定法」「年輪年代測定法」が
いずれも国際基準より100年程古い算出結果が出ており、
はっきり言って悪質な捏造が行われている可能性が高いです。
その証拠に、607年創建で600年代後半に再建された法隆寺は
この測定法では500年代後半と判定されています。
纏向の古墳群の年代は旧来通り卑弥呼より100年程後だと考えるべきです。
こういった行為を野放しにしている学界は非常に危うい状態と言えます。
歴史ロマンは結構ですが、
邪馬台国の位置は『魏志倭人伝』に明確に記されており、
『記紀』『考古学』『地域伝承』を全て網羅する候補地は
確実に1箇所しか存在し得ません。
それは大分県中津~宇佐で、卑弥呼の墓は宇佐神宮内の亀山です。
他の説は余りにも根拠が一点突破に過ぎ、矛盾点が多すぎるのですが、
なぜ論争が収束できないのか、不思議でなりません。
以下、論拠を列挙しますが、お付き合いいただければ幸いです。
・『三国志』の記述は同時代の中東や西洋に比べても精度が高く、
「九州説」以外の全ての説と「九州説」の多くは
あまりにも『魏志倭人伝』を軽視し過ぎている。
風俗や情景、政治や官名国名が実に詳細であることを忘れてはならない。
・狗邪韓国(釜山周辺)→対馬国→一大国(壱岐)→末廬国(松浦半島)→
伊都国(糸島半島)→奴国(博多周辺)→不弥国(宇美町)
までの比定地はほぼ全会一致である。
この部分の記述が古代のものとは思えないほど正確であることから、
『魏志倭人伝』の読み方の基本方針が以下のように立てられる。
①『魏志倭人伝』の内容は相当に精密であり、
科学的根拠なしに都合よく修正すべきではない。
②その後の投馬国と邪馬台国だけ突如九州北部から逸脱するのは不自然。
③用いられている距離の単位「里」は明らかに周代の「短里」であって
漢代の「長里」ではない。
これは魏の記録官が遼東の公孫氏の記録を採用したからだと考えられるが
理由の如何を問わずとも事実が変わることはない。
④方角については夏至の日の出を「東」としたのか、
概ね45°前後のズレが認められる。
方角記述の一部を自説に有利なように曲解するのは不当であり、
全般的に修正すべきである。
・『魏志倭人伝』に「倭=周旋5千里」「その向こうは倭と同種の国」
とあり、「倭=九州島」で四国・本州は別の地域だという認識である。
・道の整備が進んだ飛鳥時代ですら、九州~日本アルプスまで5ヶ月、
九州島を南北縦断するのに3ヶ月掛かると記録されており、
ほとんどの説が「水行20日・10日・陸行1月」を
過大評価し過ぎている。実際には北部九州から出られる日数ではない。
・2ヶ月で九州~畿内へ辿り着けるなら
船行1年の裸国・黒歯国は日本列島を飛び出して比定地が存在しない。
・帯方郡から1万2千里は北部九州しかあり得ない。
・当時の一か国の範囲は現在の区町村レベルの大きさであり
邪馬台国連合約30ヵ国は北部九州の域を超えるはずがない。
・邪馬台国より後方の連合国に阿蘇山付近の国だと思われる
「蘇」のつく国が複数見られる。
・「冬でも裸足」「冬でも生野菜」「入墨」「朱丹」「青玉」
などはいかにも九州らしい風俗や事物。
「入墨」は大和朝廷では軽蔑されるべき文化とされている。
・考古学的にも、当時の九州と本州の交流はごく限定的。
鉄器の発掘が圧倒的に九州に偏っている。
青銅器文化が鉄器文化を従属させるなど考えられないこと。
・畿内で花開いていた銅鐸文化は
卑弥呼の時代の少し後に突如として壊滅しており、
後の大和朝廷にも銅鐸の記憶が引き継がれていない。
『記紀』の東征神話を裏付ける証拠である。
・邪馬台国連合が北部九州~畿内までまたがる巨大連邦であれば
南九州の狗奴国との抗争は魏晋に泣きつくほどのことではない。
・「畿内説」は年代測定法を国際基準から100年前後早まるよう
恣意的に運用しており、データを隠すなど悪質な行為が散見される。
「畿内説」が「卑弥呼の墓」だとする古墳の年代は
近年になって急に100年ほど早められたものばかり。
・邪馬台国は倭国大乱を武力で治めたわけではなく
卑弥呼の神秘性に依拠した傀儡政権であり、軍事経済大国ではない。
同時代の巨大な遺跡=邪馬台国であるという論理は科学的ではない。
・『魏志倭人伝』に卑弥呼の墓は「冢(チョウ)」と記されており
これは明確に「古墳」とは区別されるもので、
「直径100歩」は150m弱であるにも関わらず
「畿内説」の主張する古墳は全て200~300m超級。
逆に、「九州説」の主張する平原遺跡の墓は小さすぎる。
・魏は曹操の「薄葬令」を遵守しており、
皇帝の墓は代々自然丘を整備しただけの質素なものを築いている。
魏に臣従し、狗奴国との抗争に苦心していた邪馬台国が
華美な古墳を築いた可能性は政治的にも経済的にもあり得ない。
・宇佐神宮内の亀山は、大きさも様式もこれらに合致している。
境内には殉葬100名を祀ったのであろう「百体神社」がある。
・大分県中津・宇佐であれば、『魏志倭人伝』の道程
「博多湾から水行10日or陸行1月」にも合致し、
「東に渡海すると倭とは別の地域(四国・本州)」にも当てはまる。
また、南九州の狗奴国から遠く険阻な山奥で海へも逃げやすく
邪馬台国連合から日の昇る東方にあって湯煙昇る神聖な場所であり、
戦略的にも宗教的にも相応しい立地にある。
わざわざ伊都国に一大卒を置いて監督させたことにも合点が行く。
・『記紀』の「中つ国」=中津、「豊の国」=大分にも一致する。
・宇佐神宮の主祭神は応神天皇・神功皇后を両脇に配した謎の女神
「比売(ヒメ)大神」だが、明らかに「卑弥呼」その人であろう。
彼女こそ皇祖神「天照大神」だが、『記紀』と同じく
中国に従属した卑弥呼との関係が伏せられて伝わっている。
・後の朝廷が「道鏡事件」において、皇統問題を伊勢神宮ではなく
なぜ宇佐神宮に神託したのかという謎が解明する。
皇統問題は真の皇祖神の居所に御伺いを立てるはずである。
・邪馬台国「7万戸」・投馬国「5万戸」だけは
日本のどこに比定するにしても大きすぎる数値だが、
この箇所は距離単位が中国人による「里」ではなく
倭人による「日」であるため「倭人からの伝聞」と判り、
その中で更に「可」という推計の語が付されていることから
記録者がはっきり自信がないことを明言している。
『魏志倭人伝』を科学的に考証した場合、
大きな事実誤認があるのはこの2ヶ国の戸数と
上記の方角のズレの2点だけであり、
他の部分を素直にそのまま採用すれば
「邪馬台国」の場所を比定するのはそんなに難しい話ではありません。
邪馬台国の場所の通説が定まらないのは歴史ロマンなどではなく
日本の歴史学における幼稚性の現れであり、
非常に危険な状態が放置されていることを嘆かざるを得ません。
◆(´・ω・)GOD WARS ってゲームだと、静岡出身のカグヤちゃんが大和に入って日巫女になってた。
◆いろんな説は出てきません、主に九州と畿内ですが。
30年ほど前から考古学者や歴史学者の間では畿内説で、ほぼ一致しています。
歴博の春成名誉教授は
「邪馬台国論争には、考古学者は興味がない。なぜなら畿内説でほぼ一致しているからだ」
と述べているほどです。
主要な考古学者も異口同音に「畿内説」を支持しています。
▼ 都出比呂志氏 大阪大学名誉教授
『古代国家はいつ成立したか』(岩波新書,2011年8月)
「大和は三世紀前半から政治の中心地であることは確かで・・・・
卑弥呼の館は、大和の地で見つかった大型建物の跡、纒向遺跡であることはいうまでもありません。」
▼大塚初重氏 明治大学名誉教授、元考古学会会長
『邪馬台国をとらえなおす』(講談社現代新書,2012年4月)
「よほどの色眼鏡をかけなければ、邪馬台国は北部九州にあったとはいえない」
「王権存立の客観的な歴史的条件を考えれば、畿内地方こそや邪馬台国存在の想定地域であり」
▼ 岸本直文 大阪市立大学教授
『倭における国家形成と古墳時代開始のプロセス』
国立歴史民俗博物館研究報告 第185 集 2014 年2 月
「魏志倭人伝に見られる3 世紀前半の倭国と,前方後円墳や三角縁神獣鏡の波及から考えられてきた倭王権とが直結し,連続的・発展的に考えることができるようになる。もはやヤマト国が畿内であることは自明である」
我々が教科書で歴史は学者が執筆したものであって、どこの馬の骨かわからないド素人がいう戯言や妄想ではありません。
ジンギスカンが源義経だとか、西郷隆盛は生きていた、豊臣秀頼は薩摩に逃げた、ネッシーや雪男は本当にいるなど、トンデモ説を唱える人間はいます。
しかし、そういう変人のいうことはまともに相手にされませんよね。
それと同じで畿内説以外の説は、学会ではまともに相手にされていないトンデモです。


質問タグ:邪馬台国,魏志倭人伝,狗奴国,卑弥呼,畿内,都出比呂志,根拠

【知っトク】包茎手術をすると感度は落ちるのか? 手術をすべきか悩んでいます。 …

包茎手術をすると感度は落ちるのか? 手術をすべきか悩んでいます。 …

包茎手術をすると感度は落ちるのか? 手術をすべきか悩んでいます。
仮性包茎なんですけど昔より皮が伸びてしまって
ピストンのとき包皮が戻ってしまい亀頭への刺激が減ってしまうのですが
同じ理由で包茎手術した方はいますでしょうか?
感度を良くするために手術したいので、包皮内板を残す環状切開術を選ぼうと思っていますが、
包皮を切除し神経を切り取るわけで皮膚感覚が鈍ったり、逆に感度が落ちるのでは?とも思います。
現状維持とどっちがいいでしょうか?
明らかに包皮は伸びる一方なので、切っちゃったほうがいいかと思ってるんですが。
泌尿器科での手術を考えています。

アンサー

性感帯のほとんどは包皮内板にあります。
包皮内板の一部または全部除去すると、必ず感覚障害が起こります。
つまり快感を失うということになり、一生その状態が続きます。
しかも早漏が改善されると考える方がいますが、それはありません。
むしろ早漏が加速した例もあります。
包茎、短小、早漏の悩みを自己解決できるプログラムがあります。
専門家が24時間サポートしてくれます。
包茎のタイプは、大きく真性包茎、仮性包茎に分類されますが、いずれも自宅トレーニングによって、露茎に改善できます。
包皮癒着型・包皮輪狭窄型・カントン包茎の方もこのトレーニングプログラムで包茎改善に成功し、自然な露茎に進化しています。
包茎矯正器具やサプリなど、高額費用が必要なものは一切使用せず、純粋にトレーニングだけでOKです。
s://luckfacebook-spcom/
(暗号化によりプライバシーが保護された安全なサイトです)
このトレーニングプログラムの主目的はペニス増大です。
いくら剥き癖をつけても、長い包皮が短くなることはありません。
手術以外で包茎を改善するには、ペニス本体を大きくすることが必須なのです。
プログラムは大きく2つのプロセスで構成されています。
①包皮ストレッチ
器具などを使用することなく、特別なトレーニングプログラムで包皮に柔軟性を持たせます。
②ペニス増大ストレッチ
ペニスの構造と機能を知り尽くした泌尿器科医監修のもと考案された、安全かつ他に類をみない画期的なトレーニングプログラムで、徐々に長く太くしていきます。
※亀頭包皮癒着の場合
弱めのステロイド軟膏(安いです)を、ドラッグストアでご購入することになりますが、このプログラムに癒着解消法が添付されています。
包茎のタイプによって①②を組み合わせてプログラムをこなしていきます。
トレーニングは週に4日程度。
2日行って1日休む、或いは1日おき、というペースで1回につき20分程度です。
トレーニング期間は個人差はありますが、3か月~4か月です。
他では見られない特殊なトレーニング法ですが、難しいものではありません。
使用するものもありますが、身の回りにあるもので十分に間に合います。(タオル等)
包茎手術という手段もありますが、2016年に国民生活センターから注意勧告が公開されて以来、下火になっているようです。
高額請求、手術失敗、後遺症などの訴訟数も相当数ありますので、私は賛成できません。
性感を脳に伝達する重要な機能を持った包皮内板を切除して、問題が生じないとはとても思えません。
★このトレーニングプログラムで得られるもの
・平常時、勃起時亀頭全露出
・平均4cmのサイズアップ
・ニオイの解消
・亀頭刺激痛の解消(徐々に感じなくなります)
・元に戻ることはありません
・早漏の改善
専門家による24時間のメールサポートがありますので、安心してお取組みできます。
トレーニング期間中のセックス、オナニーは自由です。
一番のメリットは見た目の美しさです。
どんなに巧い手術でも痕は残り、見た目にはっきりわかってしまいます。
このプログラムでは徐々に変化していきますので、その変化を見るのも楽しみになりますし、トレーニング完了時には、あたかも元からそうであったのようにナチュラルな仕上がりになります。
ペニスのコンプレックスが無くなると、人生観も変わります。
テレビや雑誌等、マスコミにも取り上げられ、今、男性の悩み部門で最も注目されているプログラムです。
◆包茎手術で性感が落ちることはないと思います 落ちたと思う人は精神的なもののようです でも仮性包茎を泌尿器科で手術する場合健康保険適用にはなりません
しかも 環状切開法ですので手術跡が目立ちます 美容整形外科では手術代が高いですが 亀頭直下包茎手術なので術後目立たないと思いますが 裏筋を切られると性感が落ちます
仮性包茎の度合いもあります たしかに包皮は亀頭を保護していて粘膜ですので亀頭は敏感です 空気にさらすようにし排尿時剥くように心がけます 乾燥状態になれば亀頭が鈍感になると思いますので 現状維持でも良いのではないでしょうか
◆環状切除式で手術を受けましたが全く感度は落ちませんでした。特に神経を切るようなことはしないはずです。裏筋もきちんと縫合されており全く問題はありませんでした。余剰包皮が無くなることで、今までの皮オナニーはできなくなり、亀頭オナニーとなりますが、これが逆に強烈な快感をもたらします。
泌尿器科で手術受けるのでしたら安心して良いと思います。仮性包茎でも泌尿器科で保険適用外で手術は受けられます。
◆通常時も勃起時も、包皮を手でスムーズにめくったり
戻したりできて、締めつけられることがなく、清潔に
していれば、普段は包皮を被っていても問題ありません。
仮性包茎という非公式な呼び方に問題があるだけで、
亀頭を出せる時点で、少なくとも包茎(真性包茎)ではありません。
病気でも異常でもないので、治すというものでもありません。
包皮があることはごく普通のことで、その被り具合や
余り具合に個人差があるだけのことです。
ピストンの途中で包皮が被ってしまうことはあり得ることですが、
それで感度が減ってしまうのは、半分くらいは思い込みです。
どうしても気になるなら、挿入中も包皮を根元の方に引き寄せ、
根元を指で押さえながら動いてみてはどうかと思います。
手術という選択肢があるからといって、思うような効果が
安易に得られるわけでもないと思います。リスクなども
きちんと考え合わせて判断しましょう。
少なくとも、いわゆる仮性包茎であれば、泌尿器科では
手術してもらえないと思います。保険の適用もないでしょう。
あくまで美容整形の手術になるからです。もし、泌尿器科で
手術を受け付けるとしても、契約上は美容整形なのでしょう。
>現状維持とどっちがいいでしょうか?
以上の意見で、現状維持と意識改革を勧めます。
◆仮性は泌尿器科では、包茎手術してもらえませんよ


質問タグ:包皮,仮性包茎,泌尿器科,感度,環状切開術,包茎,ペニス

【効果あり】真性包茎かもしれません 最近学生の間に剥けてないとやばいって知りま…

真性包茎かもしれません 最近学生の間に剥けてないとやばいって知りま…

真性包茎かもしれません
最近学生の間に剥けてないとやばいって知りました
高校生です
そもそもみんな小さい頃に剥いてもらった人がほとんどなので あまり周りで同じ悩みをしている人はいません
ネットで調べてもそれぞれ言っていることは違うのでよくわかりません
で本題に入りますが
僕の場合
勃起時に亀頭の4分の1は見えるんですが
それ以上下に降ろせません なんか皮の穴が狭くて・・
通常時は皮をかぶってます
病院に行きたいのですが親が厳しいので多分いや絶対行くことができません
どうすればいいんでしょうか…
病院に行かずに治す方法はありますか?

アンサー

包皮輪狭窄を伴った仮性包茎だとおもわれます。
包茎、短小、早漏の悩みを自己解決できるプログラムがあります。
専門家が24時間サポートしてくれます。
包茎のタイプは、大きく真性包茎、仮性包茎に分類されますが、いずれも自宅トレーニングによって、露茎に改善できます。
包皮癒着型・包皮輪狭窄型・カントン包茎の方もこのトレーニングプログラムで包茎改善に成功し、自然な露茎に進化しています。
包茎矯正器具やサプリなど、高額費用が必要なものは一切使用せず、純粋にトレーニングだけでOKです。
s://phimoticfacebook-spcom/
(暗号化によりプライバシーが保護された安全なサイトです)
このトレーニングプログラムの主目的はペニス増大です。
いくら剥き癖をつけても、長い包皮が短くなることはありません。
手術以外で包茎を改善するには、ペニス本体を大きくすることが必須なのです。
プログラムは大きく2つのプロセスで構成されています。
①包皮ストレッチ
器具などを使用することなく、特別なトレーニングプログラムで包皮に柔軟性を持たせます。
②ペニス増大ストレッチ
ペニスの構造と機能を知り尽くした泌尿器科医監修のもと考案された、安全かつ他に類をみない画期的なトレーニングプログラムで、徐々に長く太くしていきます。
※亀頭包皮癒着の場合
弱めのステロイド軟膏(安いです)を、ドラッグストアでご購入することになりますが、このプログラムに癒着解消法が添付されています。
包茎のタイプによって①②を組み合わせてプログラムをこなしていきます。
トレーニングは週に4日程度。
2日行って1日休む、或いは1日おき、というペースで1回につき20分程度です。
トレーニング期間は個人差はありますが、3か月~4か月です。
他では見られない特殊なトレーニング法ですが、難しいものではありません。
使用するものもありますが、身の回りにあるもので十分に間に合います。(タオル等)
包茎手術という手段もありますが、2016年に国民生活センターから注意勧告が公開されて以来、下火になっているようです。
高額請求、手術失敗、後遺症などの訴訟数も相当数ありますので、私は賛成できません。
性感を脳に伝達する重要な機能を持った包皮内板を切除して、問題が生じないとはとても思えません。
★このトレーニングプログラムで得られるもの
・平常時、勃起時亀頭全露出
・平均4cmのサイズアップ
・ニオイの解消
・亀頭刺激痛の解消(徐々に感じなくなります)
・元に戻ることはありません
・早漏の改善
専門家による24時間のメールサポートがありますので、安心してお取組みできます。
トレーニング期間中のセックス、オナニーは自由です。
一番のメリットは見た目の美しさです。
どんなに巧い手術でも痕は残り、見た目にはっきりわかってしまいます。
このプログラムでは徐々に変化していきますので、その変化を見るのも楽しみになりますし、トレーニング完了時には、あたかも元からそうであったのようにナチュラルな仕上がりになります。
ペニスのコンプレックスが無くなると、人生観も変わります。
テレビや雑誌等、マスコミにも取り上げられ、今、男性の悩み部門で最も注目されているプログラムです。
◆周囲の人の多くは、子どもの頃に剥かれたような話を
しているのでしょうか?
真性包茎か仮性包茎かは平常時で判断されます。
平常時に最後まで亀頭を出せれば仮性、出さなければ真性です。
厳しいからといって病院に行くのをダメとはいわないのでは?
なぜそう思うのでしょうか?
剥くことができないから病院で診てもらう、それを拒否する
理由はないと思いますが・・・
◆包皮輪狭窄に等しい症状と見受けますが、鵜呑みにしますと自己で包皮口を拡げてみるしか無いです。
>>病院に行きたいのですが親が厳しいので多分いや絶対行くことができません
性に厳しいのと陰部の以上を見過ごさせるのは違うと思います。
◆文面からすると、
重度の包皮輪狭窄、
真性包茎だと思われます。
お風呂で、清潔を保ちながら、
指で、包皮口を縦横に拡げる訓練を気長に続けてみましょう。
改善される可能性が、わずかですがあります。
どうしても効果がなければ、
真性包茎は病気なので保険適用になります。
泌尿器科と形成外科を併設している病院を受診して下さい。
◆通常時も、包皮を手でめくれない状態ですか。
包皮口が狭くてめくりづらいとか、めくると
締めつけられそうな状態なら、今の段階では、
無理にめくるのは避けましょう。
◆無理かと思います


質問タグ:真性包茎,包皮,通常時,仮性包茎,亀頭,ペニス,そもそもみんな小さい頃

コメント